森林官が見た山の彼方の棲息者たち

加藤博二

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309227429
ISBN 10 : 4309227422
フォーマット
出版社
発行年月
2018年08月
日本
追加情報
:
228p;19

内容詳細

奥山の残酷と至福の物語。山役人というものは山奥を生活の場とする。山の彼方で、山暮らしに一生を終わる、さまざまな人と袖振り合う。炭焼き、猟師、山宿の親爺、サンカ、薬売り、山芸者、山娘、蘭を愛でる病人…だれもがみな、懐かしい想い出のひとたちだ。

目次 : お花畑番人/ 山の湯/ 森林官の生活/ 山女/ 密造酒/ 岩窟ホテル/ 山魚漫筆/ 山火事/ 都会病/ 飛騨の娘〔ほか〕

【著者紹介】
加藤博二 : 森林官。著書に、『密林の怪女』(1940年7月、日本公論社)、『飛騨の山小屋』(1948年1月、真実新聞社/改題『森林官が語る 山の不思議―飛騨の山小屋から』2017年9月、河出書房新社)がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • HANA さん

    先に読んだ『飛騨の山小屋から』が山に生きる人々の忘れられた人生をモザイクのように点描した傑作だったため、本書も期待しつつ読んだのだが…。今回は趣を変えて随想とか地方の風習とかが中心となっているのだが、その風習を未開として見下す記述が随所に見られどうもそこは好みに合わず。それでも「森林官の生活」で気になっていた森林官の仕事ぶりや、「お花畑番人」のしみじみとした山の生活、「密造酒」「岩窟ホテル」の飄々としたユーモアは読み応えあり。歴史の表面には残らない山の民俗や生きる人を、十分に知ることが出来る一冊であった。

  • 鯖 さん

    1937年に出版された同名の復刻本。扉に「著作者またはその御家族にお心当たりの方はご連絡ください」ってあって、すごいなそれも。内容もすごい。山の怪談話だと思って手に取ったんだけど違ってた。戦前ギリギリのところで一番しんどかった時代なことが拍車をかけているのかもしれないけど、女が産まれると育てば売れると喜ぶ山人や旅の男と関係をもつたび山ビルを用いて処女を演じる少女とか、そっち方面のえげつない話でお腹いっぱい。都会出の作者も何度も誘われても、そのたびに断ったって感じでエピが色々出てるけどホントかょ…ってなる。

  • ベロニカ さん

    大事な仕事だが維持が大変な林業。炭焼や木挽きは知っていたが、彼らと行政をつなぐ森林官というよく知らない職業の話。昭和初期から水力発電はあったのか。

  • オールド・ボリシェビク さん

    いやあ、異様な迫力がある本です。山岳版の「青べか物語」とでもいうか。昭和初期の日本って、まだかくも未開だったのだなあ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

加藤博二

森林官。著書に、『密林の怪女』(1940年7月、日本公論社)、『飛騨の山小屋』(1948年1月、真実新聞社/改題『森林官が語る 山の不思議―飛騨の山小屋から』2017年9月、河出書房新社)がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品