できることならスティードで

加藤シゲアキ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784022516695
ISBN 10 : 4022516690
フォーマット
出版社
発行年月
2020年03月
日本
追加情報
:
240p;20

内容詳細

広義の"旅"がテーマとなる、著者初のエッセイ集。
大阪やパリ、スリランカ旅の話から、学校に行く意味を考える「小学校」、2019年7月に亡くなったジャニー喜多川氏との邂逅を綴った「浄土」など、本書の“旅"は、何気ない日常生活から深い思索の底まで多彩。
「小説トリッパー」掲載の14編をまとめ、さらに単行本のための書き下ろしとして、連載と同形式のエッセイ1編とあとがき、および[intermission(小休止)]となる掌編小説3編を収載する。

【目次】 ★は単行本書き下ろし
Trip0 キューバの黎明
Trip1 大阪
Trip2 釣行
Trip3 肉体
Trip4 岡山
★intermission1 がまし
Trip5 ブラジル→京都
Trip6 ニューヨーク
Trip7 時空
★intermission2 ヴォルール デ アムール
Trip8 小学校
Trip9 スリランカ
Trip10 渋谷
Trip11 パリ
★intermission3 ホンダ スティード400
Trip12 無心
Trip13 浄土
Last Trip 未定
★あとがき

【著者紹介】
加藤シゲアキ : 1987年7月生まれ。青山学院大学法学部卒業。2003年11月、NEWSメンバーとしてCDデビュー。12年1月、『ピンクとグレー』で作家デビューを果たす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • クプクプ さん

    面白かったです。エッセイ集と短い小説の組み合わせです。読んで又吉直樹は感性や人間味が売りですが加藤シゲアキは影響力やカリスマ性が持ち味だと感じました。『釣行』加藤が嵐の大野智と25時間ボートに乗り海のルアー釣りをする。釣れる。モノクロのロッドとルアーの写真がよかった。『スリランカ』スリランカ人の仏教で「好きになりすぎないこと」という教えがある。「恋は盲目」に似た言葉。スリランカの建築物。建築とは不自然なものだが自然とどうなじませるか。ポーの小説を思い出す。『渋谷』加藤は中学から高校卒業まで渋谷(つづく)

  • みや@桃色日和 さん

    旅がテーマのエッセイ15編と掌編小説3編収録。祖父と社長の死、仕事の裏話、友人との海外旅行、教育や国際問題に対する考えなど内容は多方面に及ぶ。人物や景色を描写する際の着眼点や比喩表現が独特で、勢いや迫力よりも淡々と繊細に「現実」を言葉にしており、その冷静な文章内に彼の興奮や感動が滲み出るのが好き。ホルモンはこんなにも卑猥だったのか。少しでも気になったら調べてみる、実行してみる好奇心の強さがある一方で「全てを知らないことの楽しさ」も楽しんでいるのが印象的だった。祖父の死と父の姿が胸に響く『岡山』が特に好き。

  • pipi さん

    2016〜19年に「小説トリッパー」に連載された旅をテーマにしたエッセイ。NEWSのファンではないので加藤さんのことはあまり存じ上げませんが、今回初のエッセイということで小説以外の作品を読んでみて、なんというか「面白い人だな」と思いました。ちょっとしたエピソードが実に人間味があって、自分の友達にこういう人がいた気さえしてきます。職業柄もあってか視野が広く様々なことに関心を持たれている印象。ボリス・ヴィアン「日々の泡」に言及されていたのが嬉しかったので次は是非読書をテーマにしたエッセイを読んでみたいです。

  • 紅蓮 さん

    虚構を描く虚像な彼の思想を覗き見る経験を与えてくれてありがとう神様出版社様関係者各位様々〜。そんな光るエッセイに挟まれた小説が殊更良かった。

  • ゆに さん

    本屋での扱いを見る限り、文学界では芸能人本という認識なのかもしれない。以前何かで、自分は文学賞を獲ってないからまだ作家だと胸張って言いづらいというようなコメントもしていた。でも私にとっては加藤シゲアキは新作が出たら必ず読む数少ない作家だ。涙腺を刺激する文章が時々ある。一度、図書館で彼のエッセイを読んで、周りに人がいるのにポロポロと流れる涙をごまかすのに苦労した。練られた構成の中の無駄のない美しい表現に乗って、彼の感情がスッと理解できた(と思える)時、やられてしまう。このエッセイ集にも何度かやられました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

加藤シゲアキ

1987年7月生まれ。青山学院大学法学部卒業。2003年11月、NEWSメンバーとしてCDデビュー。12年1月、『ピンクとグレー』で作家デビューを果たす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

加藤シゲアキに関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品