加古里子 (かこさとし)

人物・団体ページへ

絵巻じたて ひろがるえほん かわ 福音館の単行本

加古里子 (かこさとし)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784834082715
ISBN 10 : 4834082717
フォーマット
出版社
発行年月
2016年09月
日本
追加情報
:
19X26

内容詳細

「こどものとも」1962年7月号として刊行され、読み継がれてきたロングセラー『かわ』。
この絵本の原画は、川の流れがずっとつながるように描かれたものでした。「こどものとも」創刊60周年を記念して、絵巻じたてにした『かわ』を刊行します。
折りたたまれたページをひろげると約7メートル。源流から海までの川の旅が一望できます。
おもてうら両面刷り、二通りのたのしみかたができます。おもて面はカラー(4色)印刷。川の流れとそのまわりの景色をたっぷりとたのしみながら、いろんな発見ができるよう、文字なしにしました。うら面は、黒と水色の2色で印刷し、川の流れの変化がきわだつようにしました。
『かわ』の最終場面に2ページぶん追加。長い川旅のさいごに、広大な海がひろがります。追加した海の最終場面に積乱雲が描かれました。海水が蒸発していって積乱雲を発達させ、雨となって降る。またあらたな川の旅が始まることを予感させて、長い川の旅が終わります。

【著者紹介】
加古里子 (かこさとし) : 1926年、福井県に生まれる。東京大学工学部卒業後、民間企業の研究所に勤務しながら、セツルメント活動、児童文化活動に従事する。600冊にのぼる児童書のほか、著書多数。福井県越前市に「かこさとしふるさと絵本館〓(らく)」がある。工学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ♪みどりpiyopiyo♪ さん

    これは楽しい♪ 屏風畳みの頁を広げる7m! 山頂の雪解け水や雨水が、川となって山から平地へ、村、町、街を経て海へ。細かく書き込まれた流域の人の営みをゆっくり眺めながら目を移していくと旅してるみたい。発電所や製材所、浄水場に工業地帯、空港なども楽しくて。■文字のない絵巻を一通り楽しんでから裏面に進むと、場面場面の解説が♪ ■1つ1つは何となく知ってるつもりのアレコレも、こうして川の流れに沿って眺めるとこれまで以上に理解が深まり納得しきりなのでした( ' ᵕ ' ) (1962年、2016年 絵巻刊行)(→続

  • KEI さん

    自分が読みたくて購入、孫へのプレゼントにしよう!巻物仕立てになっていて長さ7メートルもある。切り立った山々から生まれた川が、人々の生活を潤し、大海に辿り着くまでの様子が細かく描かれている。1962年に絵本として出版され、こどものとも創刊60周年記念に2016年絵巻として出版された。細かな絵の中で発見する事を大切にと、色付きの面には何も文字はなく、裏の川だけ色のある面には文字や解説がある。水平線は丸い!「海へ飛び出そう」なんて素敵な絵巻物でしょう!小学生にお薦めの本です。

  • kanata さん

    少し昔の日本の風景を描いた名作。描かれた当時の子どもにしてみれば、日常を俯瞰して見る感じ。きっと発見もたくさんあったろう。箱入り復刻版で、表紙の水色が本当に素敵。両面でパタンパタンと捲っていくこともできるし、横にずーっと広げてもいける。後者の読み方をするときには広い部屋でないと厳しかった。

  • ochatomo さん

    初出1962年「かわ」を一続きに印刷した約7mの蛇腹仕立て 是非広げて読みたいが、文章印刷は2色刷り面、裏のカラー面は文字無し 下水道整備を鑑みてか『まちのごみやきたないみずがながれこんで、かわはすっかりよごれてしまいました。』の文は削除されている あとがきに1962年制作のエピソード紹介あり、ラストの水平線は丸いのだと知った 2016刊

  • ヒラP@ehon.gohon さん

    通常版では、川の上流から海までの風景がどうしても断片的になってしまっていたので、このように繋がってみると圧巻です。 川というものを一目瞭然で理解できますし、子どもたちのウケも大変良かったです。 あえて多色刷りの絵から文字を抜いたのでしょうが、裏面に言葉の記載版を作るのならば、紙芝居のように表面を後ろで読めるように工夫していただけたら有りがたかったとは思いました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

加古里子 (かこさとし)

1926年、福井県に生まれる。東京大学工学部卒業後、民間企業の研究所に勤務しながら、セツルメント活動、児童文化活動に従事する。600冊にのぼる児童書のほか、著書多数。福井県越前市に「かこさとしふるさと絵本館〓(らく)」がある。工学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品