加古里子 (かこさとし)

人物・団体ページへ

みずとはなんじゃ?

加古里子 (かこさとし)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784338081610
ISBN 10 : 4338081619
フォーマット
出版社
発行年月
2018年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
32p;26

内容詳細

あさおきて、かおをあらうみず。うがいをしたり、のんだりするみず。みずとは、いったいどんなものなのでしょうか?
暮らしの中で出会う水を通して、水の不思議な性質を知り、自然環境に目を向けるきっかけとなるような、科学する心を育む絵本。
かこさとし先生が手がけた最後の絵本。

【著者紹介】
かこさとし : 加古里子。1926(大正15)年福井県武生(現・越前市)生まれ。1948年東京大学工学部卒業。工学博士。技術士。民間化学会社研究所に勤務しながら、セツルメント活動、児童文化活動に従事。1959年から出版活動にかかわり、1973年に勤務先を退社後、作家活動とともに、テレビニュースキャスターや大学講師、海外での教育実践活動などに従事。また児童文化の研究者でもあった。『だるまちゃんとてんぐちゃん』など著書多数。日本科学読物賞、菊池寛賞、日本化学会特別功労賞、神奈川文化賞、日本保育学会文献賞、越前市文化功労賞、東燃ゼネラル児童文化賞、巖谷小波文芸賞などを受賞。2018年5月2日、逝去

鈴木まもる : 1952年、東京生まれ。東京藝術大学工芸科中退。「黒ねこサンゴロウ」シリーズ(偕成社)で赤い鳥さし絵賞、『ぼくの鳥の巣絵日記』(偕成社)で講談社出版文化賞絵本賞、『ニワシドリのひみつ』(岩崎書店)で産経児童出版文化賞JR賞、『世界655種鳥と卵と巣の大図鑑』(ブックマン社)であらえびす文化賞を受賞。また、鳥の巣研究家としても多くの著書があり、全国で鳥の巣展覧会を開催している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • sea&pink(しーぴん) さん

    かこさとしさんが亡くなる直前まで取り組んでいた絵本。仕上げの絵は別の方ですが、文章、下絵はかこさん。制作過程の冊子付き。水の性質、特質を、身近な所から大きな地球環境まで段階をおって子供にわかりやすく、かつ科学的に説いてくれる。絵ははじめは違和感があったけれど、かこさんのキャラやかこさん本人も登場。かこさん本人を登場させた意図を知ると感動。最後のページでは、かこさんの子供、地球、世界への思いが伝わってくる。工学博士だったかこさんの出した数々の科学絵本、今これにかわるこんな魅力的な科学絵本はあるのかな。

  • ベーグルグル 2 さん

    かこさとしさんの最後の科学絵本。絵は鈴木まもるさん。とても丁寧な説明で3つの水の性質が分かります。水蒸気という難しい言葉も読んでいくうちに、子供達にもスッと理解できそうな内容です。生命のためだけでなく、地球のためにも必要な水。水を大切にしようと改めて思いました。子供達に是非とも読んで欲しい一冊です。

  • たまきら さん

    わかりやすく、しっかり科学的目線。かこさとしさんの文にはっとしました。最後のページでかこさんが鈴木さんと打ち合わせしている風景にじ〜ん。オタマさんが水の性質をばっちりおぼえました。かこさん、いままでありがとう。これからもよろしくお願いします。

  • アキ さん

    みずとはなんじゃ?1ばんめはまるでにんじゃかやくしゃのようにすいじょうきになったりこおりになったりするせいしつです。2ばんめはりょうりにんやいしゃのようにからだのなかにえいようをはこんだりびょうきをふせぐはたらきです。3ばんめはたいようのねつであつくなるのをふせぐクーラーやたいようのひかりがないよるにこごえないようふとんのようなやくめをするというせいしつです。だいじなうみやかわをよごさないようにしましょう。かこさとし最期の絵本。2018年5月逝去92歳。500冊以上の児童書。子供に読み聞かせ。おすすめ本。

  • ちえ さん

    かこさとしさんの最後の絵本。水の3つの性質を子供にもわかりやすく伝えている。大人が読んでもうなずける科学絵本。「かこさとしさんからのおくりもの『みずとはなんじゃ?』ができるまで」という別冊が付いていて、ぎりぎりまでしていた編集者や挿絵の鈴木さんへの指示に、子どものための本にこだわったかこさんの強い思いが伝わってくる。鈴木さんの挿絵の中のかこさんの姿に思わず涙ぐんでしまった。かこさんの『かわ』は子どもの頃、家にあって、大人になってからまた購入したのだが、何度見ても新しい発見があった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

加古里子 (かこさとし)

1926年、福井県に生まれる。東京大学工学部卒業後、民間企業の研究所に勤務しながら、セツルメント活動、児童文化活動に従事する。600冊にのぼる児童書のほか、著書多数。福井県越前市に「かこさとしふるさと絵本館〓(らく)」がある。工学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品