三体

劉慈欣

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784152098702
ISBN 10 : 4152098708
フォーマット
出版社
発行年月
2019年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
447p;20

内容詳細

オバマ、ザッカーバーグ激賞 シリーズ合計2100万部突破、現代中国最大のヒット小説

尊敬する物理学者の父・哲泰を文化大革命で亡くし、人類に絶望した中国人エリート女性科学者・葉文潔。彼女が宇宙に向けて秘密裏に発信した電波は惑星〈三体〉の異星人に届き、驚くべき結果をもたらす。現代中国最大のヒット小説にして《三体》三部作の第一作

【著者紹介】
劉慈欣 : 1963年、山西省陽泉生まれ。発電所でエンジニアとして働くかたわら、SF短篇を執筆。『三体』が、2006年から中国のSF雑誌“科幻世界”に連載され、2008年に単行本として刊行されると、人気が爆発。“三体”三部作(『三体』『黒暗森林』『死神永生』)で2100万部以上を売り上げた。中国のみならず世界的にも評価され、2014年にはケン・リュウ訳の英訳版が行刊。2015年、翻訳書として、またアジア人作家として初めてSF最大の賞であるヒューゴー賞を受賞。また、原作短篇「さまよえる地球」が『流転の地球』として映画化、春節中の中国での興行収入が3億ドル(約330億円)に達したと報じられた。今もっとも注目すべき作家のひとりである

大森望 : 1961年生、京都大学文学部卒。翻訳家・書評家。訳書多数

光吉さくら : 翻訳家、訳書多数

ワンチャイ : 翻訳家、訳書

立原透耶 : 1969年生、作家・翻訳家。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • W-G さん

    連休を利用して着手。予想していたほどは読みづらくなかった。科学/物理学への言及箇所は流し読みしても大丈夫。人名を中国発音で読むか、そのまま日本語で読むかによっても、読むスピードが大きく変わりそう。内容の方は、まだこれだけではなんともいえないところ。この一冊でストーリー全体の『序』の部分にしかなっていないので、評価の確定は後の二作次第。今のところ、しっかり面白い。スケールが大きすぎて、民間人の船を輪切りスライスすることが普通に見えてしまうから恐ろしい。この三部作、中国語版だけで2100万部らしい…。

  • 修一郎 さん

    いやぁ面白かった!時間も空間も目いっぱい広げた弩級のスケールだ。前半はがっちりハードSF?と思わせといて後半は量子テレポーテーション通信なんていうすっ飛ばしもあって,オールドSF的仕掛けも盛りだくさんだ。三体問題について詳しく知らなくても大丈夫,VRゲームを体験していくうちに,こんなことなのねってわかってくる仕組みだ。文革批判集会に始まり三体文明とのコンタクトに至るまでが第一部で,またいいところで終わるのだ。大森望さんの劇推しを知って大評判のこの本を手に取った。早くも今年のマイベストSFに決定!

  • 旅するランナー さん

    中国版超弩級本格SF。文化大革命が生み出す人類への復讐、3つの太陽の世界に入り込むヴァーチャル世界。悠久な規模感、深遠な精神世界、高度な技術描写に圧倒される。この小説に心奪われた読者諸君、われわれは同志だ! はたして審判の日をどのように向かえるのか?。ワクワクしながら続編の翻訳を待ちましょう。とりあえず、虫けらに乾杯!

  • KI さん

    哀しみに目をつぶり、宇宙に目を向け、星の輝きに祈りを。

  • ♪みどりpiyopiyo♪ さん

    ふはー 面白かった! 話題のSF小説を読みました。世界的に大人気な中国の作家さんだよ。■当初 人名や地名に戸惑ったけど、そんな些事は軽く跳ね除けちゃう面白さ。■重々しい歴史の一場面から始まった物語が圧倒的な大スケールに展開し、人心が巻き起こすサスペンスと、未知の存在と科学的なあれこれに興を引かれ。■物理学や科学に不慣れな人も置いてきぼりにしないストーリーテリングがさすがです。訳文の力も大きいのでしょう。長編娯楽SF小説の醍醐味。先が気になって、続編(の和訳)に期待です o(・ω・)o (2006年)(→続

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

劉慈欣

1963年、山西省陽泉生まれ。発電所でエンジニアとして働くかたわら、SF短篇を執筆。『三体』が、2006年から中国のSF雑誌“科幻世界”に連載され、2008年に単行本として刊行されると、人気が爆発。“三体”三部作(『三体』『黒暗森林』『死神永生』)で2100万部以上を売り上げた。中国のみならず世界的

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品