社内プレゼンの資料作成術

前田鎌利

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478061527
ISBN 10 : 4478061521
フォーマット
出版社
発行年月
2015年07月
日本
追加情報
:
159p;21

内容詳細

■孫正義社長が「一発OK」を連発した社内プレゼン術を全公開!
■資料5〜9枚、3分のプレゼンで、100%の説得力を生む技術!
■約80の図版で「超」実践的なテクニックを解説!
■ソフトバンク、ヤフーで採用された「究極のプレゼンスキル」!

上司や経営者を説得するプレゼン力ーー。これは、すべてのビジネスパーソンに求められる力です。しかし、ほとんどの人々が苦手。何度も却下されたり、保留されることに悩んでいるのではないでしょうか?

そこで、ソフトバンクで孫正義氏から何度も「一発OK」を勝ち取った、著者・前田鎌利さんの社内プレゼン術をすべて公開していただきました。超多忙かつ切れ者の上司を、たった3分のプレゼンで納得させなければならない。そのために、最も重要なのはシンプル&ロジカルな資料を準備すること。そのための実践的なノウハウがつまった一冊です。

●「5〜9枚」で説得力を生む方法
●10秒でわかるスライドのコツ
●社内プレゼンに必要なたった一つのストーリー
●キーメッセージは「13字」以内
●「1スライド=1グラフ」の鉄則
●グラフは「左」、メッセージは「右」
●「数字」を強調してパワースライドにする
●「逆L字」で目線を誘導する
●ワンカラー効果で「円グラフ」を見せる
●「折れ線グラフ」は角度をつける
など、孫正義氏のプレゼン資料を多数手がけたほか、ソフトバンクの社内プレゼン講師を長年務める著者のノウハウを、約80点の図版(実際のスライド中心)とともに丁寧に解説しています。

孫正義氏に鍛えられた「社内プレゼンの資料作成術」は、ビジネスパーソンのキャリアを切りひらくのはもちろん、会社の意思決定スピードを速めることにも効果絶大。誰も教えてくれなかった「社内プレゼンの基本&テクニック」が満載の一冊です。
著者について
まえだ・かまり 1973年福井県生まれ。東京学芸大学卒業後、光通信に就職。2000年にジェイフォンに転職して以降、ボーダフォン、ソフトバンクモバイル株式会社(現ソフトバンク株式会社)と17年にわたり移動体通信事業に従事。2010年に孫正義社長(現会長)の後継者育成機関であるソフトバンクアカデミア第1期生に選考され第1位を獲得。孫正義社長に直接プレゼンして幾多の事業提案を承認されたほか、孫社長のプレゼン資料づくりも数多く担当した。その後、ソフトバンク子会社の社外取締役や、ソフトバンク社内認定講師(プレゼンテーション)として活躍。著者のプレゼンテーション術を実施した部署で、決裁スピードが1.5〜2倍になることが実証された。2013年12月にソフトバンクを退社、独立。ソフトバンク、ヤフー、株式会社ベネッセコーポレーション、大手鉄道会社などのプレゼンテーション講師を歴任するほか、全国でプレゼンテーション・スクールを展開している。

【著者紹介】
前田鎌利 : 1973年福井県生まれ。東京学芸大学卒業後、光通信に就職。2000年にジェイフォンに転職して以降、ボーダフォン、ソフトバンクモバイル株式会社(現ソフトバンク株式会社)と17年にわたり移動体通信事業に従事。2010年に孫正義社長(現会長)の後継者育成機関であるソフトバンクアカデミア第1期生に選考され第1位を獲得。その後、ソフトバンク子会社の社外取締役や、ソフトバンク社内認定講師(プレゼンテーション)として活躍。2013年12月にソフトバンクを退社、独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 8-nosu さん

    「社内プレゼンの9割は資料で決まる」と語る著者による社内プレゼンにおいて決裁者からの承認を得るためのノウハウが詰まった一冊。プレゼンのスライドは5〜9枚に収めること。「課題→原因→解決策→効果」の4つの要素を盛り込んだ資料にすること。キーメッセージは13文字以内に収めること。等々、数々の成功のノウハウが示されている。仕事柄、社内プレゼンの機会はほとんど無いが、事業内容を上司に説明する機会は多い。「資料は読ませるのではなく、見せるもの」ということを意識して資料を作成したいと思う。

  • しん さん

    資料作成術に関する本に、今とても関心があって、買ってその日に1冊読破しました。この本の趣旨は、飽くまで社内プレゼンなので、時間をかけずに簡潔なプレゼンをするためのノウハウが詰まっている本です。社外プレゼンだとちょっと変わってくると思うのですが、スライドは見てわかるものをということは、用途を越えて共通するポイントだと思いました。とても参考になる本で、さっそく自分の社内プレゼン資料作成に役立てたいと思っています。

  • たんかれ〜 さん

    課題→原因→解決策→効果の順。スライドは5〜9枚。アペンディクス(補足資料)を充実させてツッコミに備える。プレゼンは3〜5分、1分バージョンも用意。社内プレゼンの機会が異様に多いので参考になります。

  • つみれ さん

    仕事の本は基本的に登録しないのだが、内容があまりにすばらしいので。私はプレゼンは苦手な方ではないが、社内プレゼンとなると与えられる時間が極端に短かったりして、戸惑うことがあった。そんなときに役立つこと間違いなしの一冊である。プレゼン資料は、シンプル&ロジカルが基本。「読ませる」資料を作成しない。グラフは一瞬で理解できるように加工。本編スライドであれもこれも説明しようとせず、最重要な要素だけで構成。削ぎ落とした箇所はアペンディックスとして保持しておく。プレゼンも知識であり、技術であるということであろう。

  • かんちゃん さん

    なんちゅうことのないハウツー本。会社の後輩のパワポ資料があまりにわかりにくいので、自腹を切って購入。会社に置いとく。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

前田鎌利

1973年福井県生まれ。東京学芸大学卒業。ソフトバンクモバイル株式会社(現ソフトバンク株式会社)などで17年にわたり移動体通信事業に従事。2010年に孫正義社長(現会長)の後継者育成機関であるソフトバンクアカデミア第1期生に選考され第1位を獲得。2013年12月にソフトバンクを退社、独立。年間200

プロフィール詳細へ

前田鎌利に関連するトピックス

  • 究極のプレゼンスキルを大公開 ソフトバンクの社内プレゼン講師を長年務めた著者による、シンプルかつロジカルな資料作成テクニックが満載の『社内プレゼン... |2015年07月23日 (木) 17:34
    究極のプレゼンスキルを大公開

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト