はたらく細胞BLACK 3 モーニングkc

初嘉屋一生

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065146408
ISBN 10 : 4065146402
フォーマット
出版社
発売日
2019年02月22日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
シリーズ
:
追加情報
:
160p;19

内容詳細

心筋梗塞を乗り越えて、ついに平穏を取り戻した体。ホワイトな労働環境の中でモチベーション高く働いていた赤血球だが、ある日突然、血管内に入ってきた謎の管に、白血球たちと共に吸い込まれてしまう。目を覚ますと、そこは以前に輪をかけてブラックな、別の体だった――!! 体内の細胞たちの過重労働物語、激動の第3巻。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 陸抗 さん

    ブラックな体が改善され、喜んでたのも束の間、輸血で更にブラックな体へと移されてしまった…。新たな体は糖尿病。加齢臭も、不健康な生活が原因なら、改善出来る…のかしら。ただ、本人はあまり気にしないんだよね。やっぱり健康大切。

  • イーダ さん

    前の身体が何とか健康になったと思ったら、今度は輸血で別の身体へ・・・こっちの身体も相当な不健康体ですね。尿路結石を砕くための管を通って感染って、医療ミスでは? 赤血球同士で仲間割れとか、実際にはありえないような事を出してくるのはいかがなものだろう。うーむ・・・しかし、私も中性脂肪が多いので他人事とも思えないなあ・・・

  • ムーミン2号 さん

    その手があったか! 第2巻で宿主さんが死にかけたので、その後の改善で赤血球くんも働きやすくなって万々歳。のはずが、今度は別の体に移されてしまった(輸血?)。そこもBlackな環境! しかも「よそ者」扱いされて! けど赤血球くんたちは奮闘する。前の経験を生かして機転を利かせる。あこがれの白血球(彼女も一緒に移されていた)とも再会できた。けど、そこで告げられた新しい宿主の病名は・・・!!!

  • 柏バカ一代 さん

    輸血されて別の身体に移動か‥‥その発想は無かったw そして思った。 糖尿病にはならないように努力しよう。透析にお世話になると社会保障的に怪しいこの国では死を意味するからね。

  • きょん さん

    せっかく前巻で生き延びて良い環境になったのに輸血された先がさらにブラックな職場とは気の毒すぎる。赤血球君も逞しくなってるけど、次の巻はますます状況悪化するんですよね、頑張れ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品