約束のネバーランド 17 ジャンプコミックス

出水ぽすか

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088821702
ISBN 10 : 408882170X
フォーマット
出版社
発売日
2020年01月04日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
192p;18

内容詳細

鬼の絶滅を掲げ、女王と五摂家が集う王都に進軍を開始したノーマン。そんな彼を止めようとエマもまた王都へと向かう。だが残された時間はあと僅かで…!? 永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ! 衝撃の脱獄ファンタジー!!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 海猫 さん

    それぞれに単純ではない立場や考え方があるのに、それらが無惨にも踏みにじられてしまう展開に。かなり大詰め感のある流れではあるが、まだまだ続くんでしょうか?

  • はな さん

    ギーラン卿の過去がつらすぎた…。鬼側も格差や貧困、いろいろあったのね…。そして女王強い。圧倒的強さ。そのさらに上を知略で乗り越えるノーマン。カッコいい!!でもノーマンにはエマとレイとで仲良くきゃっきゃしてほしい。そんな未来は読めるのかな。物語もいよいよ終盤に向かってきた感じ( ˵ ° ~ ° ˵ )

  • レリナ さん

    鬼と人間、二つの勢力がぶつかり合う。女王が強すぎる。ギーラン卿の悲しき過去。ノーマンがヤバイ。このまま鬼を殲滅する気なのだろうか。エマ達が王都に入り、ノーマンを止めようとしたが、時すでに遅し。ここまで彼が冷酷になっていたのは、衝撃的だった。この戦いが始まり、終わるまで油断できない展開の連続。鬼との共存か、絶滅か。エマの約束がノーマンとの対立を生んでいきそう。もう、戻れないあの日には。生きるために戦い、勝利し、人間の脅威を無くす。ノーマンの思い描く、未来に光はあるのか。次巻に期待。

  • りー さん

    たった一巻で、今まで積み上げてきた伏線、怒濤の回収。このまま結末に突入するのか!?ノーマンに残された時間は?エマの約束が気になるーー。

  • アズマ さん

    読めば読むほど続きが気になります。今回は鬼と鬼、人と人、鬼と人、それぞれの考えがぶつかってきました。ノーマンとエマが気になります。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

出水ぽすかに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品