還暦からの底力 歴史・人・旅に学ぶ生き方 講談社現代新書

出口治明

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065149874
ISBN 10 : 4065149878
フォーマット
出版社
発行年月
2020年05月
日本
追加情報
:
256p;18

内容詳細

「還暦からの」と銘打ってますが、還暦未満のあなたにもきっと役立つ。
人生100年時代をパワフルに行動するための出口流初の人生指南!!

人生の楽しみは喜怒哀楽で決まります!

こんな時代だからこそ、元気にいきましょう!
本書には出口さんのように元気に生きるヒントが満載です。

本書の主な内容
・悲観論は歴史的に全敗している
・置かれた場所で咲けなかったら
・清盛・義満・信長に学ぶ生き方
・定年制も敬老の日もいらない
・老後に資金はいらない
・高齢者は次世代のために生きている
・人生で絶対に読むべき6冊の本
・人間は猪八戒のようなもの
・一番の親孝行は「親に楽をさせない」こと
・子供は18歳を超えたら家から追い出せ
・「数字・ファクト・ロジック」が重要な理由
・長く続いた伝統と慣習は大切にする
・年齢の縛りから自由になる
・「飯・風呂・寝る」から「人・本・旅」の人生へ

担当編集者より
立命館APU学長に就任した出口治明氏の今までの歴史書、読書論、ビジネス書とは一線を異にする本です。50代から新しく事業を展開し、還暦後も豊かな交流関係、幅広い視点からの講演活動等、業界内外から篤い信頼を寄せられる氏の満を持した本書です。
本書の主題である「還暦後の人生を充実させる考え方」は、「飯・風呂・寝る」の会社人生から脱却することを提案し、「60歳は折り返し地点」に過ぎないと新しい生き方に一歩を踏み出す高齢者へのエールでもあります。
「還暦後」と謳ったのには、理由があります。定年制廃止を訴える氏の意思を強く反映させるためです。
出口学長ならではの思想・哲学をベースに、還暦後の底力の付け方を独特のおおらかな語り口で伝授します。
還暦後(定年後)のみならず、現役のビジネスマン、学生にも役に立つ本です。

●著者紹介
1948年、三重県に生まれる。京都大学法学部卒。1972年、日本生命相互会社入社。国際業務部長などを経て2000年に退社。同年、ネットライフ企画株式会社を設立、2008年にライフネット生命保険株式会社と社名を改名し、社長に就任する。10年が過ぎた2018年、ライフネット生命保険株式会社の創業者の名を残し立命館APU学長に就任、実業界からの異例の転身を図る。
主たる著書に『「全世界史講義1、2』(新潮社)、『部下を持ったら必ず読む「任せ方」の教科書』(KADOKAWA)、『教養は児童書で学べ』(光文社新書)、『人類5000年史1』(ちくま新書)など多数ある。


著者プロフィール
出口 治明 (デグチハルアキ) (著/文)
1948年、三重県に生まれる。京都大学法学部卒。1972年、日本生命相互会社入社。国際業務部長などを経て2000年に退社。同年、ネットライフ企画株式会社を設立、2008年にライフネット生命保険株式会社と社名を改名し、社長に就任する。10年が過ぎた2018年、ライフネット生命保険株式会社の創業者の名を残し立命館APU学長に就任、実業界からの異例の転身を図る。大胆な大学改革と併せて、講演・執筆活動等幅広く活動中。
主たる著書に『「全世界史講義1、2』(新潮社)、『部下を持ったら必ず読む「任せ方」の教科書』(KADOKAWA)、『教養は児童書で学べ』(光文社新書)、『人類5000年史1』(ちくま新書)、『哲学と宗教全史』(ダイヤモンド社)、『座右の書 『貞観政要』』(角川新書)など多数ある。

【著者紹介】
出口治明 : 1948年、三重県に生まれる。立命館アジア太平洋大学(APU)学長。ライフネット生命保険株式会社創業者。京都大学法学部を卒業後、1972年、日本生命保険相互会社に入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当する。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て2006年に退職。同年、ネットライフ企画株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年、生命保険業免許取得に伴いライフネット生命保険株式会社に社名を変更。2012年、上場。社長、会長を10年務めたのち、2018年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 混沌 さん

    【日本にはこんな若々しいおっさんがいるんだぜ】おっさんどころか年齢的にはおじいさん世代だが。この本を手にするのは圧倒的に還暦前後の元気な人だろう。若い人、あんまり本読まないしね。だから、タイトルはこれで正解なんだろうけど(実際それもあって売れてるんだろうけど)、実はそこに騙されてはいけない。この本は若者向きでもある。「年齢は関係ない」と繰り返し出てくる。「人間はそれほど賢くない」このとらえ方が根底にあるから、無用な力が抜けて、なんだか楽に、そして希望が持ててくる。編集者とライターが相当優秀なの

  • Carlyuke さん

    タイトルは還暦前後の人が発想の展開ができるように読者対象をそのあたりに設定したということかと思う。読んで元気が出た。 元々心理学者のユングが死ぬまで働いていたように, 人生100年時代で死ぬまで何かをして働きたいと思っているので背中を押してもらったように感じた。 歴史からの例を紹介する的な記述から学ぶことも多い。著者は合理的・科学的ということを大切にしている。ライフネット生命を始めるキッカケやAPUの学長になった時の話。「その幸運は偶然ではないんです!」という本を地でゆくよう。

  • chie-don さん

    ライフネット生命創業者。1章、2章は非常に共感。3章以下はちょっと蛇足ぽい。還暦までは数年あるけど、若者10人で高齢者1人を支える社会から1人が1人を支える肩車型社会になっていることを忘れず「若者が高齢者を支える」という敬老思想に毒されない老人になりたいものだ!私の少し年上の友人のご主人が、現役時代は一部上場の会社役員までされて、今、スポーツジムに高い会費払って運動するならお金もらって運動する、と朝の清掃のバイトを週に数日されている。お料理やカントリーソングの趣味の活動も充実。ステキな紳士だ(●´ω`●)

  • けいこ さん

    『還暦からの、、』とあるけれど、もっと若い時から読むべき内容。著者のモットー『迷ったらやる。迷ったら買う。迷ったら行く』が心に響く。人間は一所懸命自分の好きな事をするのが1番幸せで、そこに年齢は関係ない。自分が面白いと思う「人・本・旅」に出会い、好きなことにチャレンジしていけばいいと。定年制廃止など、個人ではどうしようもない問題提起はさておき、自分らしくどう生きたいか考えるヒントになった。とても前向きになれる1冊。

  • 速読おやじ さん

    還暦はまだずっと先・・・でもないか、、ですがいずれやってくるので出口節を聞いておこうと。著者は「飯・風呂・寝る」のアホなサラリーマンから「人・本・旅」の高学歴(と書いてあったが学歴ではなく深い知識・体験という意味かと)へ移行すべきと提言。▼厚生年金の適用拡大(パート・アルバイトへ)すれば老後貧困は解決可能▼日本の大学進学率は53%でOECD平均より7ポイント低い!▼新しい産業は女性、ダイバーシティ、高学歴の3つがキーワード▼つまらない仕事を楽しくできる能力も生きる力の一つ

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品