すぐ死ぬんだから

内館牧子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065125854
ISBN 10 : 4065125855
フォーマット
出版社
発行年月
2018年08月
日本
追加情報
:
323p;19

内容詳細

終活なんて一切しない。それより今を楽しまなきゃ。78歳の忍ハナは、60代まではまったく身の回りをかまわなかった。だがある日、実年齢より上に見られて目が覚める。「人は中身よりまず外見を磨かねば」と。仲のいい夫と経営してきた酒屋は息子夫婦に譲っているが、問題は息子の嫁である。自分に手をかけず、貧乏くさくて人前に出せたものではない。それだけが不満の幸せな老後だ。ところが夫が倒れたことから、思いがけない裏を知ることになる―。人生100年時代の新「終活」小説!

【著者紹介】
内館牧子 : 1948年秋田市生まれの東京育ち。武蔵野美術大学卒業後、13年半のOL生活を経て、1988年脚本家としてデビュー。テレビドラマの脚本に「ひらり」(1993年第1回橋田壽賀子賞)、「てやんでえッ!」(1995年文化庁芸術作品賞)、「毛利元就」(1997年NHK大河ドラマ)、「私の青空」(2000年放送文化基金賞)、「塀の中の中学校」(2011年第51回モンテカルロテレビ祭テレビフィルム部門最優秀作品賞およびモナコ赤十字賞)など多数。1995年には日本作詩大賞(唄:小林旭/腕に虹だけ)を受賞するなど幅広く活躍。武蔵野美術大学客員教授、ノースアジア大学客員教授、東北大学相撲部総監督、元横綱審議委員、元東日本大震災復興構想会議委員。2003年、大相撲研究のため東北大学大学院入学、2006年修了。その後も研究を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • いつでも母さん さん

    『セルフネグレクト』その道を真っ直ぐ歩いてるのは私かも・・って幾つも心に刺さる言葉があった(汗)アンチエイジングや実年齢より若く!なんて望まないが、いつも小ざっぱり清潔な高齢者を目指したい。いや、それはそれとして、このハナさん最強です!特に最愛の夫が急逝してからの言動は感動すら覚える。怒りは人を動かすね。そりゃあないよ岩造さん!って感じが先に来た。女の心の声をこれでもかって位さらけ出して内館牧子さん天晴れでした。ちょっと綺麗に纏まり過ぎた感はあるものの、子どもや孫に思われて幸せなハナさんでした。

  • Yunemo さん

    先ずは終わった人の続編かなとの想いで手に。ちょっと違ってましたね。表紙の絵、あるある‼反面ちょっとこの服装はしたくないな、との想い。何だか後半があるために、受け取る側が考えてた論点とズレてしまい、終わった人との違いが鮮明に、これが終活という意味なのかも。それにしても表現される品格ある衰退、老いを定義付けているようで何ともしっくり来ずに。ここでも出てくる姻族関係終了届、当たり前の時代になってくるかも。作中で表現される「何とでもなる」は若者と老人のもの、確かにねと頷いて。何となく感ずる独居の定義、身に沁みて。

  • ででんでん さん

    「すぐ死ぬんだから」「このトシだから」どうでもいいとは考えたくない。「セルフネグレクト」にならずに、自分なりに「意欲」を持った外見でいたいなと思った…ハナさんレベルは到底無理だけど。おもしろく読んだが、内舘さんらしく?なかなかに毒舌が飛び交っていた。発せられる毒舌以上に、何十年も秘密を持たれていたダメージはとても深いと思うので、終わり方が爽やかなのはよかった。

  • ナイスネイチャ さん

    図書館本。すごい面白かった。「終わった人」も含めこの著者作品の虜になりました。老いに関して達観した感じがありますね。「どうせ」とか台詞が言い訳に聞こえる。自身の自戒も込めて読んでました。

  • ひなげしの花🐌☂️🌂 さん

    「このトシになったら、楽なのが一番、どうせ、すぐ死ぬのだから」外見を意識しないと段々ヤバくなっていく。周りの友人に対し人一倍外見に気を遣い実際の年齢より常に若く見られるハナ。「お前と結婚したことが、人生で一番よかったよ」と言っていた夫が亡くなり外見の事など気にしなくなってしまったが、夫の裏切りを知り恨みを晴らそうと元気を取り戻し逞しくなり、観音菩薩の様に変わっていく。自分自身のこれから迎える老後のよきバイブルになる様な一冊でした。毒のある文章もサラッと書いてあり面白く読めました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

内館牧子

1948年秋田県生まれ。脚本家。武蔵野美術大学卒業。東北大学大学院修士課程修了。93年第一回橋田賞、2011年モンテカルロ・テレビ祭で三冠を受賞。2000年より女性初の横綱審議委員会審議委員に就任し、10年に任期満了により退任。11年4月東日本大震災復興構想会議委員に就任(本データはこの書籍が刊行さ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品