図書館長論の試み 実践からの序説

内野安彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784883672356
ISBN 10 : 4883672352
フォーマット
出版社
発行年月
2014年05月
日本
追加情報
:
19

内容詳細

『だから図書館めぐりはやめられない』『図書館はラビリンス』の著者が「図書館長の仕事」に焦点を絞り全国の関係者へ向けて真摯に発信する実践的提言集!

目次 : 1部 図書館長の仕事―運営の実際(図書館の組織―モチベーションを生む組織に/ 人事管理―人事管理こそ図書館長最大の業務/ 内部統制―ますます広がる守備範囲/ 人材育成―率先垂範の実践者として/ ボランティア―活動を評価し「育てる」仕組みを ほか)/ 2部 図書館長経験者に聞く―実践と矜持―/ 3部 図書館長の資質と責務―公的資料や成書にみる人物像―(図書館長の任務(法律・報告等から)/ 図書館長として求められるもの)

【著者紹介】
内野安彦 : 1956年茨城県に生まれる。1979年茨城県鹿島町役場(現鹿嶋市役所)入所。この間、総務・広報広聴・人事・企画を経て、図書館に配属。中央図書館長・学校教育課長を務める。2007年長野県塩尻市役所からの招聘に応じ、鹿嶋市役所を退職。同年塩尻市役所に入所。この間、図書館長として、新図書館の開館準備を指揮。2010年7月に新館開館。2012年3月に塩尻市役所を退職。現在、常磐大学、熊本学園大学、松本大学松商短期大学部非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • takizawa さん

    図書館長の立場から見た図書館経営の本。図書館のマネジメントに興味ある人にオススメ。先端的な取組紹介というよりは地に足のついたテーマが多く、図書館員にとっては自分の職場と比べて何が足りないか考えるきっかけになるのでは。個人的には研究紀要を作るというのが面白そうだと思った。あと、非正規の館長がいることに驚いた。当たり前だけど、自分の周りの世界がすべてではない。近視眼的な思考に陥らないようにしないと。

  • 西澤 隆 さん

    妙な縁で聴いたFMかしまの図書館番組。DJの「Dr.ルイス」は実はついこの間までウチの市の姉妹都市、塩尻の図書館長さんだった人でした。新任図書館長へのエールともいえる本書を図書館のヘヴィーユーザーでもない僕が読んで思うことは「たくさん改良点があるというのは、未来が明るいということなのだな」ということ。今が全然だめだと思えば気は滅入る。でももっとよくなるポイントがたくさんあると思えば…。「こうしろ」ではなく「ここが検討ポイント」という選択肢の多い「論」。あとは受け取った側が触発されてどう動くかなのですよね。

  • okkii さん

    ★4読むと熱くなる本

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品