マカオ紀行 世界遺産と歴史を歩く 切手紀行シリーズ

内藤陽介

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784779115813
ISBN 10 : 4779115817
フォーマット
出版社
発行年月
2010年11月
日本
追加情報
:
21cm,198p

内容詳細

マカオはこんなに面白い。リラウ広場、聖ローレンス教会など、30の世界遺産がひしめき合う街・マカオを、歴史歩きの達人、“郵便学者”内藤陽介が案内。カジノ抜きでも楽しめる、マカオ歴史散歩の決定版。

【著者紹介】
内藤陽介 : 1967年、東京都生まれ。東京大学文学部卒業。郵便学者。日本文芸家協会会員。フジインターナショナルミント株式会社・顧問。切手等の郵便資料から国家や地域のあり方を読み解く「郵便学」を提唱し研究・著作活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • OKKO (o▽n)v さん

    初登録だが再読。ちょっと行き詰ってガーッと読み返す。著者は郵便の研究者で、マカオのさまざまな建造物や出来事についての歴史的解説の後、それぞれがデザインされた切手を紹介するスタイル。2010年出版なのでマカオの現状とそうかけ離れていない記述は大いに参考になる。残念なのは参考文献に専門書がほぼないこと。もそっとあれば私も研究の参考文献としてもっと華々しく引用しやすいのに……他にない内容が書かれているので残念!! ◆そもそもこの表紙の《天后聖母》に引っかかったとこから、私の苦難の研究が始まったのさw恨むぜww

  • てつこ さん

    切手が美しいことを認識させられた。切手の構図を参考に、私も写真を撮ってみたいと思った。写真も切っても多く掲載され、見ているだけでも楽しい。切手を元に、歴史と地理が読み物としてあるので、そちらも面白い。孫文のやんちゃな面を書いてあり、国父と言われる立派なだけの人ではないのが興味深い。「八千飯店之人肉叉焼包」については知らなかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

内藤陽介

1967年東京都生まれ。東京大学文学部卒業。郵便学者。日本文芸家協会会員。株式会社フジホールディングス(旧称:フジインターナショナルミント株式会社)顧問。切手等の郵便資料から国家や地域のあり方を読み解く「郵便学」を提唱し、研究・著作活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていた

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品