日本人のための中国共産党100年史: 血みどろの権力闘争と覇権主義の実相

内藤博文

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309227979
ISBN 10 : 430922797X
フォーマット
出版社
発行年月
2020年01月
日本
追加情報
:
232p;18

内容詳細

GDP世界第2位の“超大国”となりながら、香港・台湾問題、対米貿易摩擦で大揺れの中国。その政権を握る中国共産党の歴史は、毛沢東の“呪縛”から脱し切れないジレンマの歴史でもある。一党独裁体制を貫き、周辺国との摩擦も辞さない党、そして、強権を露わにする習近平の視線の先にあるものとは―。

目次 : 1章 なぜ、共産党は内外の戦争を克服し、覇者になれたのか?/ 2章 なぜ、毛沢東が希求した「理想の国家建設」は挫折したのか?/ 3章 なぜ、毛沢東は「文革」を掲げて粛清と弾圧をくり返したのか?/ 4章 なぜ、〓小平は「脱・毛沢東」を果たせなかったのか?/ 5章 なぜ、江沢民と胡錦涛は中国を「超大国」に導けたのか?/ 6章 なぜ、習近平は個人独裁への道を驀進するのか?

【著者紹介】
内藤博文 : 1961年生まれ。大学卒業後、新書系の出版社に勤務。現在は、歴史、地理、世界と日本、文化、娯楽などの分野を得意とするライターとして精力的に執筆活動を行なう一方、地方で実業にも携わっている。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

内藤博文

1961年生まれ。大学卒業後、新書系の出版社に勤務。現在は、歴史、地理、世界と日本、文化、娯楽などの分野を得意とするライターとして精力的に執筆を行なう一方、地方で実業にも携わっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品