小説版 グラスリップ 2 ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ

内義盛

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784865291025
ISBN 10 : 4865291024
フォーマット
発行年月
2015年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
219p;15

内容詳細

想いを伝える、夏が来る。
2014年7月より放送のオリジナルTVアニメーションをノベライズ。

福井の小さな港町を舞台に、6人の高校生が経験する、夏から始まる、ものがたり。
小説版では井美雪哉と高山やなぎの視点で描く。
全3巻予定。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • サラ さん

    透子への思いが捨てきれず、彼女の天真爛漫っぷりに振り回される雪哉が等身大の男子高生で切ない。さらに復帰をかけた記録会の結果が思わしくなく、失意のどん底に追い込まれる姿が辛かった。アニメだと描写が足りなかったけれど、雪哉の視点で読むと周囲に振り回されて戸惑い続けていたことがよく分かる。おかげで透子と駆の無神経っぷりがますます明らかになっている。最終巻で兄妹の気持ちの行方がどうなるのか、ダビデは結局母についていったのかどうかが気になる。これが気になって読み始めたので、最後までこの勢いで読むぞ…。

  • サエズリ割津 さん

    アニメ版でモヤモヤしていた部分を解消してくれるノベライズというわけでもなく、こちらでもやはりモヤモヤ。でもこういうドロドロした青春ものが久々なのでそこそこ楽しめた。どうせなら言葉足らずのアニメ版を補完するようになってくれてればもっとよかったのにとは思う。

  • kurumi@ペースダウン中 さん

    やなぎ視点、雪哉視点で書かれているノベライズの第2巻。今回もアニメに沿ったストーリーで描かれてます。少し気になったのが、陽菜ちゃんが自転車で雪哉を追いかけてくるシーンが『5時半の君』の件が無いために唐突なシーンになっていたところ・・・(他にもありましたが)やなぎが好きなので次巻も読みます。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品