にゃんこ天国 猫のエッセイアンソロジー ごきげん文藝

内田百聞

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309027326
ISBN 10 : 4309027326
フォーマット
出版社
発行年月
2018年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
240p;19

内容詳細

クロ、ネネ、トト、雲、みい、フネ、クルツ、チャイ、ミミ、トラ子…あふれてやまない「猫愛」。角田光代、佐野洋子、保坂和志、町田康、村山由佳ら、33人によるエッセイアンソロジー。

目次 : 猫に名前をつけすぎると(阿部昭)/ 猫(伊丹十三)/ 猫(池波正太郎)/ 風の中の子猫(稲葉真弓)/ ビーチの到来(抄)(町田康)/ 猫、想像力を鍛える(角田光代)/ 猫の耳の秋風(内田百〓)/ 優しい雌猫(谷村志穂)/ 一畑薬師(徳大寺有恒)/ 猫缶と夏の涼(野坂昭如)〔ほか〕

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みかん🍊🌸 さん

    年末からちびちび読んでた古今の猫エッセイアンソロジー33作、よく知っている作家さんや知らない方もいるが猫と作家はやはりよく合うので猫飼作家さんは昔から多いのだろう、昔の作品も多々あって今の様に家の中で猫可愛がりしないで勝手に外へ出て行ってふらりと帰ってきたり居なくなったり、猫の死という事にも無頓着だったり、随分今とは違う飼い方です。それでも可愛がったり心配したり振り回されたり叱ったり猫愛いっぱいのエッセイでした。

  • 九月猫 さん

    ごきげん文藝アンソロジー第三弾のテーマは、にゃんこ♡猫の日までとっておこうかと迷いながら、ちびちびと読んじゃった。大好きな百關謳カの「ノラや」からもクルのお話一篇が収録されていてうれしい。 昔の猫は外を自由に行き来していて、自由に恋をして、人間の食べるものと同じもの(時には人よりいいもの)を食べて……今とは本当に違っていたんだなぁとしみじみ。お別れのエピソードもあるけれど、どのお話も猫愛に満ちていて、楽しい読書時間でした。吉本隆明さんの「猫さん」という書き方が素敵に優しくてすごく好き♡

  • カール さん

    猫のエッセイアンソロジー。軽くサラッと読めるかなと思いきや、好きな文体や苦手な文体があり、思いのほか手こずりました。谷村志穂さん「優しい雌猫」で猫が自分で毛繕いしている様子が正にその通りって感じで面白かったです。

  • chatnoir さん

    2222冊目。狙ってニャンコ系の本。古今の自宅の猫に関するエッセイ集。ほっこり出来るかと思ったんだけど...昔の人の猫との暮らし方は当時はそれで当たり前なんだけど、ハラハラしてほっこりできなかった。本当は、家ではご飯を貰って可愛がられ、外では猫社会の一員として恋をしたり縄張り争いをしたり、他所のお宅で別の名前で可愛がられたりするべき生き物なんだろうなぁ。でも、事故や病気や猫が嫌いな上に攻撃的な人間がいる事を考えるとできないよねぇ。でも、外歩きの猫が居ない社会って余裕が無くて暮らしにくいと思うんだ...。

  • Eriko M さん

    猫エッセイアンソロジー! 掲載されているのは幅広いので、猫の扱いもそれぞれ。けれど、どれもその人なりの猫への愛情や尊敬が感じられる。 角田さん、町田さん、森下さんは既読のものだった。一番印象に残ったのは、佐野さんの「フツーに死ぬ」。今までに何度か大切な猫の最期を看取ってきたのだけど、うちの方針も、なるべく自然に、なので共感できた。その他もなかなか読んだことない人のエッセイも読めてよかった。 ★★★★☆

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品