生老病死と健康幻想 生命倫理と優生思想のアポリア

八木晃介

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784826506458
ISBN 10 : 4826506457
フォーマット
出版社
発行年月
2016年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
342p;20

内容詳細

優生思想(社会ダーウィニズム)と健康幻想(ヘルシズム)の反知性の論理とそれへの対抗論理の実際を、多くの具体的事例によって根源的に抉り出す3部作!

目次 : 序章 “生老病死”の前提と命題/ 第1章 “こころ”と“からだ”の仏教的臨床社会学/ 第2章 出生前診断と優生学/ 第3章 医療化社会をどう生きるのか―イヴァン・イリッチの示唆と反示唆/ 第4章 「脱医療化」の模索/ 第5章 延命治療は“無意味”なのか?―安楽死・尊厳死法制化策動を批判する/ 第6章 健康幻想と優生思想

【著者紹介】
八木晃介 : 1944年、京都市に生まれる。大阪市立大学文学部(社会学専攻)卒。毎日新聞記者(千葉支局、東京・大阪両本社学芸部)を経て、花園大学文学部教授・同学人権教育研究センター所長。現在、花園大学名誉教授・同学人権教育センター名誉研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 渓流 さん

    最後の章に興味があり手にした。テレビコマーシャルの健康食品にはまるおばさんおじさんのことを健康幻想に囚われた人かと思い興味があったのだが、全くのお門違いで、健康になることを振り巻き、医療費を削減する国を殺人国家と書き連ねてあるのを目にし、これは違うとすぐに放擲。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品