中国と日本がわかる最強の中国史 扶桑社新書

八幡和郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594080341
ISBN 10 : 4594080340
フォーマット
出版社
発行年月
2018年09月
日本
追加情報
:
255p;18

内容詳細

中華思想は「幻想」でしかない!
韓国とは違って、中国の属国ではなかった日本から見た、目からウロコの中国4千年史。
「日本史」「世界史」「韓国史」に続く、大好評の「最強シリーズ」第4弾!

◎冊封体制論は日本特有のガラパゴス史観の虚構
◎弥生人は朝鮮半島でなく江南からやってきた
◎始皇帝が信長・秀吉なら漢の劉邦は家康に似ている
◎帰化人のほとんどは半島人でなく漢民族
◎漢や唐の栄華は中国より日本に残っている
◎元寇と倭寇の敗北で日本には勝てないと思う中国人
◎秀吉が死んだ隙に清が中国を統一した
◎沖縄が中国であったことはない
◎孫文は親日的だったのか?容共だったのか?
◎抗日戦争から逃げて生き延びた中国共産党
◎「一帯一路」は「大東亜共栄圏」の焼き直し
◎習近平は安倍首相との外交戦争に負けた

【著者紹介】
八幡和郎 : 1951年滋賀県生まれ。東京大学法学部卒業。通商産業省(現経済産業省)入省。フランスの国立行政学院(ENA)留学。北西アジア課長(南北朝鮮担当)、大臣官房情報管理課長、国土庁長官房参事官などを歴任後、現在、徳島文理大学教授を務め、作家、評論家としてテレビなどでも活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • fseigojp さん

    へいと本かとおもったら意外と。。。。

  • 南北 さん

    日本から見た中国通史というところです。よくまとまっていますが、新書1冊ですので、駆け足で記述しているところもあり、これ1冊だけで理解しようとするのは難しいかもしれません。「対華21箇条要求」について「火事場泥棒的であまりにもあさましい内容」というのはいかがなものかと思います。すべてが「要求」ではありませんし、清朝の後継国家を主張しながら、清朝時代の条約を守ろうとしない中華民国に対する確認も含んでいるので、適切な表現とは言えないと思います。

  • きおくあたま さん

    日本人としての立場からしっかりと中国史をとらえようという視点で書かれており、プロローグではそれが強調されているが、あまり媚中史観とかに毒されていないからなのか、まあ普通に読めた。5つの各章ごとに中国史を概観しつつ、日本との関係を述べるという構成である。章末に掲げる図の意味が今一つはっきりしないものもあった。

  • 権三郎 さん

    中国はやはりよくわかりません。長い歴史が連続しているのかいないのか、例えば唐と中華人民共和国は連続性があるのでしょうか。

  • 竜玄葉潤 さん

    割に普通の中国通史の本。そんなに右側から煽らなくても!と思ったが、よく考えれば、それに煽られた買ったんだっけ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

八幡和郎

歴史家/政治評論家。滋賀県大津市出身。東京大学法学部卒業。1975年通商産業省(現・経済産業省)入省。フランス国立行政学院(ENA)留学。パリ・ジェトロ産業調査員、国土庁長官官房参事官、大臣官房情報管理課長などを歴任。1997年退官。徳島文理大学教授(2004年〜)、国土舘大学大学院客員教授(201

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品