パンツを脱ぐ勇気 世界一“熱い”ハーバードMBA留学記

児玉教仁

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478016237
ISBN 10 : 4478016232
フォーマット
出版社
発行年月
2011年07月
日本
追加情報
:
253p;19

内容詳細

ハーバードMBAの夏休みに、すべてを賭けてジャンクフードの全米選手権に挑戦した情熱の塊のような日本男児。この男、果たして優勝できるのか。暑い夏がもっと暑くなる、涙と笑いの感動実話。

【著者紹介】
児玉教仁 : 1972年生まれ。静岡県出身。清水東高校を卒業後、1年超アルバイトで学費を稼ぎ1992年に初渡米。ウィリアム・アンド・メアリー大学を卒業。1997年三菱商事株式会社へ入社。2004年ハーバード・ビジネス・スクール入学。2006年ハーバードMBA取得後、三菱商事に帰任。2011年同社を退社し、国際社会で活躍できる人材の育成を目指したベンチャー企業、グローバルアストロラインズ株式会社を立ち上げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ひろ☆ さん

    バッファローウィングが食べたくなる話。

  • R さん

    ハーバードとか、MBAとか、パンツだとかほとんど関係ない、ひたすらにバッファローウイングという食べ物に対しての情熱と、そこから紡ぐ著者の成長日記のような内容でした。ちょっと話がとっちらかり過ぎていて、結局いつの話で、どうなのかがわからなかったりしましたが、勢いと楽しそうな空気が伝わってきて、あっという間に読み終えました。バッファローウイングは、日本の手羽先とどれくらい違うんだろうか。

  • show_yellow さん

    楽なんだ。何か自分で自分の役割をつくり出し、その型に自分をはめて生きていくことは。でも疲れるんだ。役割に支配された生き方は。役割じゃない。役割に甘んじ、そこに立ち止まっていてはダメなのだ。自分の気持ちを見つめ、それがさし示す方向に歩き出さなければならなかったのだ。 おもしろい!!気持ちが爽快になる、素敵な一冊です。

  • ともぞう@ さん

    アツすぎる人生.「宴会術〜」を先に読んだけれど,著者にこのような人生の背景があったとは!やはり,著者の背景あってこその著書だろう.

  • まんちー さん

    以心伝心、殻の内にほとばしる熱い心。そして自分で作り上げた殻や役割を取っ払って、素の自分の価値観を大事にして思いきり行動。たくさんの人との出会いと関わりを、こんなに真正面から受け止めているから、気づき→輝きにしていけるんだと思いました!パンツを脱ぐ勇気。つけよう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

児玉教仁

1972年、静岡県生まれ。20歳で初渡米。1996年、バージニア州ウィリアム・アンド・メアリー大学にて経済・政治のダブル専攻で卒業。1997年三菱商事株式会社入社。2004年よりハーバード・ビジネス・スクールに派遣され、2006年同校よりMBAを取得。三菱商事帰任後は日米に拠点を持つIT子会社を立ち

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品