勉強の技術 すべての努力を成果に変える科学的学習の極意 サイエンス・アイ新書

児玉光雄

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784797382181
ISBN 10 : 479738218X
フォーマット
発行年月
2015年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
190p;18

内容詳細

一切の無駄を省いて努力する

高校受験、大学受験、TOEIC、資格試験、昇任試験などで「絶対に結果を出したい」人は多いでしょう。
もちろん、勉強には努力が不可欠で、それなりに苦労もあります。努力せずに結果を出すことはできません。
しかし、せっかく勉強するなら「勉強した分だけきっちり結果を出したい! 」ものです。
それには、「正しい勉強の仕方」を知る必要があります。正しい勉強の仕方を知らず、
やみくもに勉強しても効率が良くありません。そこで本書では、確実に結果を出せる、正しい勉強の技術を解説します。

【著者紹介】
児玉光雄 : 1947年、兵庫県生まれ。追手門学院大学客員教授。前鹿屋体育大学教授。京都大学工学部卒。学生時代はテニスプレーヤーとして活躍し、全日本選手権にも出場。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院にて工学修士号を取得。米国オリンピック委員会スポーツ科学部門本部の客員研究員として、オリンピック選手のデータ分析に従事。専門は臨床スポーツ心理学、体育方法学。能力開発にも造詣が深く、数多くの脳トレ本を執筆するだけでなく、これまで『進研ゼミ』(ベネッセコーポレーション)、『プレジデント』(プレジデント社)、『日経ビジネスAssoci´e』(日経BP社)など、多くの受験雑誌やビジネス誌に能力開発に関するコラムを執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 壱萬弐仟縁冊 さん

    暗記物は睡眠前学習で記憶する。その方が記憶した事柄がうまく整理されて、記憶が定着する(162頁)。 蛍光ペンは赤・ピンク・緑の3色。赤は最重要、ピンクは覚えておきたい情報、緑は覚えておいたほうがいい情報(182頁)。 私は黄色を使っているが(牛山先生の場合、黄色にピンクを上塗りすることを指摘されている)。 付箋紙への書き込みは4Bの鉛筆。繰り返し効果がある(186頁)。

  • ノリピー大尉 さん

    左右の脳を活性化するために、利き腕ではない方も積極的に使う。猛練習に明け暮れたところで、一流のアスリートにはなれない。勉強も同じ。過去問を重視し優先順序を明確にして、無駄な勉強は避ける。時間は有限であり、平等である。時間をいかに効率的に使うかを必死に考え、工夫し実行した人が成功する。脳は、入力よりも出力で記憶を定着させる 。勉強した内容を要約すると復習になる。

  • ショウジ さん

    Daigoさん絶賛という帯にひかれて購入しました。「勉強の量を稼ぐ」という一言に惹かれました。まずはそこからなのでしょうね。

  • ぷりけ さん

    自分だったら多分手に取らない本だけど、スポーツ仲間の人が「読んで子供たちに教えてあげて!」って持ってきて渡された。絵がかわいい。県内有数の私立の進学校が授業始まりの5分間を瞑想しているとTVでやってたけど、この本にも書かれていた。本に書かれていた指を組んでみて…ってやつは私は右脳で、腕組みが左脳だった。息子も同じ。娘は両方右脳だった。

  • yuri さん

    タイトル通り勉強に特化したテクニック集。これだけ科学的に根拠があり体系化されているのならば、本書を知らずに受験や資格に挑むのはもったいない。個人的にはモチベーションには4種類あるという話が面白かった。緊張系(欠乏が原動力)、希望系(夢が原動力)、関係系(周囲との関係が原動力)、持続系(当事者意識が原動力)。他人や環境に左右されず、自分は以前に比べてこれだけ成長できた!と思うことができる持続系モチベーターが何より大切だそう。いわゆる自己肯定感ということかなー。マインド系は結局そこに尽きるのだなぁ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

児玉光雄

1947年兵庫県生まれ。追手門学院大学特別顧問、元・鹿屋体育大学教授、京都大学工学部卒業。学生時代、テニスプレーヤーとして活躍し、全日本選手権にも出場。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院にも学び工学修士号を取得。米国オリンピック委員会スポーツ科学部門本部の客員研究員としてオリンピック

プロフィール詳細へ

物理・科学・医学 に関連する商品情報

  • BLSヘルスケアプロバイダーコースの本 病院の内外で実践できる,個人およびチームのBLSスキルを指導する『BLSヘルスケアプロバイダー受講者マニュアル』のほ... |2016年02月10日 (水) 16:45
    BLSヘルスケアプロバイダーコースの本
  • 神経学を学ぶ学生必携の書 画像検査から緩和ケアまで、最新の内容を盛り込み、神経学の教科書として時代に即した内容が自慢の『臨床神経内科学』。本改... |2016年02月10日 (水) 16:33
    神経学を学ぶ学生必携の書
  • 内科、外科1700疾患を1冊に凝縮 多くの病棟で常備され,看護師をはじめ,様々な医療従事者に利用されている『イヤーノート 2017 内科・外科編』。認定... |2016年02月10日 (水) 16:23
    内科、外科1700疾患を1冊に凝縮
  • 3種類から選べる『理科年表』 自然科学を全分野にわたって集約した「自然界の辞典」ともいえる『理科年表 平成28年』。通常版のほかに、文字が大きく読... |2016年01月13日 (水) 17:16
    3種類から選べる『理科年表』
  • 「使用上の注意」をカバーした治療薬年鑑 収録薬剤数は約2,300成分・18,000品目。添付文書に記載された情報を分かりやすく整理し、各領域の専門医による臨... |2016年01月13日 (水) 08:05
    「使用上の注意」をカバーした治療薬年鑑
  • ICU/CCUの薬剤使用法の定番書が改訂 新章の書きおろし、新規薬剤・文献のアップデート、新規付録「クリティカルケアで重要な薬物相互作用」の追加など、大幅な改... |2015年12月24日 (木) 13:20
    ICU/CCUの薬剤使用法の定番書が改訂

おすすめの商品