日本の死に至る病 アベノミクスの罪と罰

倉重篤郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309247793
ISBN 10 : 4309247792
フォーマット
出版社
発行年月
2016年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
188p;20

内容詳細

アベノミクスを全方位から完全解体する!いま最も精力的なジャーナリストが、経済を知り尽くした様々な立場の賢人とともに、アベノミクスという病の破滅的な作用を告発する。軍備強化路線と連動したその恐るべき狙いを暴き、来たるべき恐怖のシナリオと向き合う。公正な分配と社会保障を実現する、今とはまったく異なる未来のために。アベノミクス批判の決定版。

目次 : 第1章 日銀出身者から見た罪と罰―大塚耕平参院議員に聞く/ 第2章 マーケット出身政治家から見た罪と罰―藤巻健史、大久保勉両参院議員に聞く/ 第3章 アカデミズムから見た罪と罰―吉川洋、森信茂樹氏に聞く/ 第4章 元祖アベノミクス批判者から見た罪と罰―伊東光晴氏に聞く/ 第5章 政界長老から見た罪と罰1―小沢一郎、不破哲三氏に聞く/ 第6章 政界長老から見た罪と罰2―山崎拓、藤井裕久氏に聞く/ 第7章 日本病から見た罪と罰―金子勝慶大教授に聞く/ 第8章 経済賢者から見た罪と罰―長妻昭、丹羽宇一郎氏、財政通議員に聞く/ 第9章 政治記者から見た病、そして罪と罰

【著者紹介】
倉重篤郎 : 1953年東京都生まれ。毎日新聞論説室専門編集委員。1978年東京大学卒業、毎日新聞社入社、東京本社整理部、政治部、経済部、千葉支局長、政治部長、編集局次長、論説委員長などを経て、2013年から現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品