DVD

倉本聰 生命の木

倉本聰

基本情報

カタログNo
:
PCBG10990
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
DVD
その他
:
Squeez, 2009

商品説明

"自然との共生"をテーマに倉本聰が富良野で語る。

内容詳細

2008年6月、5度目の公演となった「富良野GROUPロングラン公演『ニングル』」は洞爺湖サミットで日本中が環境問題に目を向ける中での公演となり、世代を超えた人々に支持を受け40日間にわたる公演も大成功のうちに幕を閉じた。その伝説の舞台『ニングル』の模様を中心に、テーマである「自然との共生」について倉本氏のインタビューを交えながらお送りする。

経済的にリッチであることと幸せであることは同じなのか?
家の中に家電製品の「量」が増えても幸せの「量」は増えるのだろうか?
「車」と「足」はどちらが大事か?
「石油」と「水」はどちらが大事か?
人間は「文明」に麻痺していないだろうか?
木はなんのために生えているのか?
実を落とし、種をまき次の子孫を残す(全ての生き物と同じ)
昔は子供が生まれると、その子の「木」を植えた。
「葉」は酸素をつくり、水を地面にじわじわ吸収させる。
未来へつなぐこととは?

人間にとって本当に必要なものとは何か?その答えをさまざまな形で提言してきた倉本聰が、“自然との共生”をテーマに語る。富良野塾生らの生活の様子も交え、豊かであることの意味を問いかける。(CDジャーナル データベースより)

収録内容   

  • 倉本聰 生命の木

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

倉本聰

1935(昭和10)年、東京都生まれ。脚本家・劇作家・演出家。東京大学文学部美学科卒。63年、ニッポン放送退社後、脚本家として独立。77年、富良野に移住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

スポーツ&ドキュメンタリー に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド