嘘だらけの日独近現代史 扶桑社新書

倉山満

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594080105
ISBN 10 : 4594080103
フォーマット
出版社
発行年月
2018年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
倉山満 ,  
追加情報
:
330p;18

内容詳細

世界大戦に二度も負けたのに、なぜドイツは立ち直れたのか?

目次 : 第1章 西ローマ帝国/ 第2章 神聖ローマ帝国/ 第3章 プロイセン王国/ 第4章 ドイツ帝国/ 第5章 ヴァイマール共和国/ 第6章 ドイツ連邦共和国

【著者紹介】
倉山満 : 1973年、香川県生まれ。憲政史研究者。1996年、中央大学文学部史学科を卒業後、同大学院博士前期課程を修了。在学中より国士舘大学日本政教研究所非常勤研究員として、2015年まで同大学で日本国憲法を教える。2012年、希望日本研究所所長を務める。同年、コンテンツ配信サービス「倉山塾」を開講、翌年には「チャンネルくらら」を開局し、大日本帝国憲法や日本近現代史、政治外交について積極的に言論活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Takeya さん

    ドイツは戦後処理をどうしたか?●復讐裁判:ナチスとその協力者を裁くニュルンベルク裁判 ●憲法:東はソ連、西は米英仏に占領された4分割から、ソ連との冷戦から米英仏が結束の必要性を感じ東西2分割、そして西ドイツ人みずから憲法制定し米英仏に忠誠を誓う。●教育:非ナチス化裁判を行い、 基本法を制定しナチスとの決別を鮮明にする事で米英仏との連帯を示した。

  • 出世八五郎 さん

    シリーズ完結と言うがそれも理解できる。日英、日仏辺りから通史になりつつあり、“嘘だらけ〜”という題名は使えないと感じていた。それでも著者の本は勉強になる。独逸がポーランドの東にいたプロイセンに乗っ取られた国家だというのは以外だったし、オーストリアがドイツに成り損ねた国家というのも以外であった。・・・大日本帝国にお付き合いして、ナチスがアメリカ帝国に宣戦布告をしたのをヒットラーの謎としているが、これも盲点であった。著者の日露戦争本を読んでみたい。黒木将軍などをクローズアップしたものを。

  • fseigojp さん

    シリーズ完結編とのこと やっぱりドイツはややこしい

  • hk さん

    『ナチスドイツがアメリカに宣戦布告したことがWW2最大の謎』という項で目が留まる。 どういうことか? 「日独伊三国同盟には”参戦条項”がなかった。だからドイツがソ連と戦端を開いても、日本はソ連に対して宣戦布告しなかったのだ。そこから敷衍すれば、日本とアメリカが交戦状態となったからといって、ドイツがアメリカに宣戦布告する義理も義務もない。なのにドイツは宣戦布告して自分で自分の首をしめることとなった。何故なのか合理的な説明が出来ない」という論法だ。確かに1939年から41年にかけてアメリカはドイツ民間輸送船へ

  • Takeya さん

    ◆世界大戦に二度も負けたのに、なぜドイツは立ち直れたのか? 日本人が思い描くドイツは「真面目でなんとなく親近感のある国」だが、それはプロイセン人がつくった「ドイツ帝国」であり、ドイツに長らく君臨してきたオーストリア・ハプスブルク家の神聖ローマ帝国ではない。現在のドイツはいわば、プロイセンに乗っ取られた国だ。では、プロイセンとは何かと問われれば、ポーランドの東の果てから流れてきたよそ者のことだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

倉山満

1973年、香川県生まれ。憲政史研究家。96年、中央大学文学部史学科を卒業後、同大学院博士前期課程修了。在学中より国士舘大学日本政教研究所非常勤研究員として、2015年まで同大学で日本国憲法を教える。12年、希望日本研究所所長を務める。同年、コンテンツ配信サービス「倉山塾」を開講、翌年には「チャンネ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品