昭和史の急所 誰がどこで道を間違えたか 朝日新書

保阪正康

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784022950079
ISBN 10 : 4022950072
フォーマット
出版社
発行年月
2019年05月
日本
追加情報
:
264p;18

内容詳細

平成は終われど「昭和」は終わらず。私たちにとっての歴史の学びは、常に「あの戦争」が原点であり座標軸となる──著者の膨大な著作から次世代を照らす灯となる言葉、歴史証人の貴重な肉声を一冊に。東條英機、吉田茂、田中角栄らの真実に迫る保阪史観の集大成。

【著者紹介】
保阪正康 : 1939年北海道生まれ。同志社大学文学部社会学科卒業。ノンフィクション作家。「昭和史を語り継ぐ会」主宰。2004年、個人誌『昭和史講座』の刊行などで菊池寛賞。『田中角栄の昭和』(朝日新書)、『ナショナリズムの昭和』(幻戯書房、和辻哲郎文化賞)、『昭和の怪物 七つの謎』(講談社現代新書)など著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • CTC さん

    5月の朝日新書新刊。本書は保阪さんのあまたの著作から昭和史に関わる「重要部分」を抜き出し編んだもの。各項はせいぜい2頁くらいの分量であるから、知識が得られるというより著者の想いに触れる本だ。しかし頭から読んでいけば何故著者が昭和史と向き合い、どのように物事や人物を捉えてきたかは浅く広く判るようになっている。特に時節柄か、上皇陛下が昭和史にどのような姿勢で対してきたかの事例を多く含んでいて、本書のハイライトになっている。 表紙が…通常の朝日新書カバーの上に二重表紙で下衆なものにわざわざしてある事だけが難点。

  • パトラッシュ さん

    保阪氏が出した数々の本から昭和史に関する短文を抜き出して編んだ本だが、それだけ昭和の誤りや矛盾を一望できる。ここから興味を持った分野について著者が書いた本を改めて読むのも面白い。長年、昭和と向き合った結果としての歴史からの宿題として@ファシズムは歪んだデモクラシーのあとにやってくるA偏狭なナショナリズムは社会正義の装いでやってくるB復讐心が生み出す「戦間期の思想」が形に表れてくる―の3点を挙げるが、こうした事態を今経験しつつあるのは韓国でないか。つまり韓国はかつての日本と同様、戦争への道を歩んでいるのか。

  • AnmitsuK (うろ覚えムーミン) さん

    読み始めて気づいたが、書き下ろしではなかった(あとがきのみ新規に書かれている)。昭和史にかかわる重要な視点を全7章にわけ。保阪氏の過去著作から章に合った記述を抜き出して並べている。歴史的事実以上に、保阪氏の歴史を見つめる思いを読む書、いわば保阪史観のつまみ食いである。昭和史は学ぶべき点のおおい分野であるが、それを見つめる保阪史観からもまた、学ぶことは多い。

  • オールド・ボリシェビク さん

    これまでの著作のダイジェストだが、保阪さんの「遺言」のようなものが読み取れてしまうね。

  • せいた さん

    令和になって新しい時代を迎えたからこそ昭和の先達の声を聞くべきだと思う。歴史に学ばざるものは、必ず過去と同じ過ちを犯す。戦後70年経って、戦争で想像を絶する経験をした大先輩と、その後戦争を拒み続けた先輩方に敬意を表したい。どこかの国会議員は、まずこの本を読んでから戦争しないと領土が云々と語った方がいい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

保阪正康

1939年、北海道生まれ。昭和史研究家、ノンフィクション作家。同志社大学文学部卒業。日本近現代史の取材を続け4000人を超える関係者への取材を行なってきた。一連の昭和史研究で、菊池寛賞を受賞。近年では、皇室研究に関しての第一人者としても活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていた

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品