カフカ式練習帳

保坂和志

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784163813301
ISBN 10 : 4163813306
フォーマット
出版社
発行年月
2012年04月
日本
追加情報
:
397p 19cm(B6)

内容詳細

扉を開けると、小説、夢、会話、猫やカラス、雑多な抜き書き、廃屋、日記、宇宙論の断片があふれ出す。天窓の上を風が吹く。木の枝が揺れる。カラスが戦う。文学はこんなにも唐突だ。断片からなる長篇。

【著者紹介】
保坂和志 : 1956年、山梨県生まれ。鎌倉で育つ。早稲田大学政経学部卒業。90年『プレーンソング』でデビュー。93年『草の上の朝食』で野間文芸新人賞、95年『この人の閾(いき)』で芥川賞、97年『季節の記憶』で平林たい子文学賞、谷崎潤一郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 多聞 さん

    保坂和志はデビュー作から一貫して読者に彼独自の世界の捉え方を提示してくれる作家の一人だ。今作は小説、日記、会話、夢、Wikipediaなどの引用や抜き書きの膨大な断片の集合体とも言うべきだろうか。断片で綴られた日常が、カフカの作品を彷彿とさせるあの不可思議なユーモアに満ちた世界と陸続きであることに興奮を抑えられそうにない。

  • galoisbaobab さん

    題名に惹かれて読んでみた。あ、この本を楽しめる人と友達になりたい、と思わせる一冊だったな。ボクの人生になんらかの意味ある物語なんて存在しないし、断片的で中途半端で曖昧な記憶を過去側にたどって改変したり変形するとこんな感じになるな、、、と思いながら楽しみながら読み切ってしまった。ちょっと笑っちゃったのが「小説をきちんと読める編集者は、いや編集者にかぎらず世間一般的に、金勘定が下手だ。金勘定ができないから、代償行為として小説が読める?逆だ。小説が読めない人は金勘定しかすることがない。」だったな。

  • Books1419+ さん

    なにが不思議かというと、何故この本を購入したのかが、わからない。多分少しパラパラ読んでみて面白いと思ったのだろうが、これが、なんとも、断片だけで、ほぼ物語のない書物。こんな物を読んだのは初めて。楽しい読書体験だと思う人もいるだろが、自分は、読み進めるのが途中から苦痛となった。 なんかね、これが面白くないなんて言うと「わかってない」風に思われるのが嫌だけどね。

  • 勝浩1958 さん

    私はこれだけ考えたり、感じたり、想像したり、夢見たり、またそれをこのように意識的に文書化することは絶対にできない。一番印象に残ったフレーズは「芸術に接するときに根拠を求めてはならない。根拠はそのつど自分で作り出すこと。社会で流通している妥当性を求めないこと。芸術から見放された人間がこの社会を作ったのだから、社会は芸術に対するルサンチマンに満ちている。彼らは自分が理解できないものを執拗に攻撃する。自分の直感だけを信じること。」です。このように語る自信と勇気に脱帽します。

  • shimojik さん

    表紙の写真が不思議な感じ。こういうブログ書いてる人いるなあと思いながら読んだ。本にするとこうなるのか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

保坂和志

1956年、山梨県生まれ。鎌倉で育つ。早稲田大学政経学部卒業。1990年『プレーンソング』でデビュー。93年『草の上の朝食』で野間文芸新人賞、95年『この人の閾(いき)』で芥川賞、97年『季節の記憶』で平林たい子文学賞、谷崎潤一郎賞、2013年『未明の闘争』で野間文芸賞、18年、『ハレルヤ』所収の「

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品