今日でなくてもいい 佐野洋子エッセイコレクション

佐野洋子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309029818
ISBN 10 : 4309029817
フォーマット
出版社
発行年月
2021年08月
日本
追加情報
:
240p;19

内容詳細

幼少期の家族の死から自身が余命宣告を受けたのちに書いたものまで「生・老・死」をテーマにした35篇を収録。

目次 : 1(“犬が死んだ”/ “また、母が赤ん坊を産んだ”/ 青い空、白い歯/ 百日草/ 二つ違いの兄がいて/ とおい草のにおい/ 「鈴木医院」の鈴木先生/ 清濁あわせ飲んで嘘も方便)/ 2(葬式が好きです/ 死んだふり/ 鳥が空をとんでいても気の毒には思わない/ 女の老人とおばあさん/ 銀の杖/ こわーい/ フツーに死ぬ/ そうならいいけど)/ 3(やがて子供は大人になる/ スカートをけって歩きなさい/ こんぐらがったまま、墓の中まで/ ねえねえ、うちの子だけどうしてあんなに可愛いのかしら/ 何も知らない/ あとのまつり/ 年寄りは年寄りでいい/ シュワーッと消える/ 大人も子供もあるもんか)/ 4(“父が死んだのは”/ 自分らしく死ぬ自由/ 今日でなくてもいい/ そのとき/ 〔六十の還暦を〕/ 母のこと、父のこと/ 〔仕事が嫌いだと〕/ 〔私が愛する人は皆〕/ 〔MRIで〕/ どんどんわからなくなる)

【著者紹介】
佐野洋子 : 1938年、北京に生まれる。武蔵野美術大学デザイン科卒。1967年、ベルリン造形大学においてリトグラフを学ぶ。主な作品に『わたしのぼうし』(講談社出版文化賞絵本賞)、『だってだってのおばあさん』『ねえとうさん』(日本絵本賞/小学館児童出版文化賞)などの絵本や、童話『わたしが妹だったとき』(新美南吉児童文学賞)、『神も仏もありませぬ』(小林秀雄賞)、エッセイ、対談集も多数。2003年、紫綬褒章受章、2008年、巖谷小波文芸賞受賞。2010年、72歳永眠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • pota さん

    Eテレのヨーコさんの言葉(プールのエピとか)が好きだったので、そんな感じを期待して軽い気持ちで手を出したらとんでもなかった。▽去年「おらおらでいぐも」を読んだときの深く暗い気持ちがよみがえる。自分の年代が読むと救いがないのだ。▽「死」ばっかり出てくる。終いにはヨーコさんも逝ってしまう。▽幼少時代の描写では、人の死が身近に転がっていた時代を感じ背中がスースーする。後ろで子供が鬼滅を見てるから尚更だ。ばんばん死ぬ。この時代と比べると、今の日本はなんて豊かで平和なのか。▽「中年の危機」なんてちゃんちゃらね。

  • なつこうへい さん

    佐野さんの没後も本が出るので嬉しくて読んでます。北京の子供時代から余命宣告迄。重なってもよいのでもっともっと佐野さんに浸りたい。

  • mick さん

    自分にとって、いつどんな状態で読んでも間違いなくすっと入ってくる作家のひとり。本書はこれまで出された著書を再編集したようなもので、読んだことのある内容なのだがそれでも新鮮に感じられる。これからも何度も読み直すだろう。「今日でなくてもいい、」そういうことだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

佐野洋子

1938年、北京に生まれる。武蔵野美術大学デザイン科卒。1967年、ベルリン造形大学においてリトグラフを学ぶ。主な作品に『わたしのぼうし』(講談社出版文化賞絵本賞)、『だってだってのおばあさん』『ねえとうさん』(日本絵本賞/小学館児童出版文化賞)などの絵本や、童話『わたしが妹だったとき』(新美南吉児

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品