CD

SOMEDAY

佐野元春

基本情報

カタログNo
:
ESCB1322
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

1982年5月発売の3rdアルバム。佐野元春がデビューしたのは1980年。現実のストリートを自分のありのままの感覚で歌うロック。まさに彼が現在のJ-POPのオリジネーターであると言えるのではないでしょうか。タイトル曲「サムデイ」は今でも引き継がれている名曲です。今作は、デビュー以来テーマ”荒廃した都市の中に息づくイノセンス”がひとつの完成を見た不朽の名盤。

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
8
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
そろそろ初期オリジナルアルバムは紙ジャケ&リマスター音...

投稿日:2012/01/31 (火)

そろそろ初期オリジナルアルバムは紙ジャケ&リマスター音源で新装してもらいたいものです。90年代の初めにリリースされたものが延々と追加プレスされている事が甚だ理解に苦しみます。まぁ佐野以外にも竹内まりやの初期オリジナルアルバムも同じで新たに衣替えしたほうが中高年の世代は確実に喜ぶはずです。

ニャロメ さん | 大阪府 | 不明

6
★
★
★
★
☆
佐野元春といえば「Someday」ですが、この...

投稿日:2007/05/27 (日)

佐野元春といえば「Someday」ですが、このアルバムには捨て曲がないといえるほど名曲揃いですよね。各ナンバーの配置も適切で「Someday」から「I’m in blue」「真夜中に清めて」への流れも綺麗。惜しむらくはこのアルバムからのシングルカットが少ないことだろうか。 いずれにせよ名アルバムであり、サノモト入門者にはお勧めです。

ヒラタツ さん | 岐阜県 | 不明

3
★
★
★
★
★
82年発表の日本ROCK史上に残る傑作!その構...

投稿日:2007/04/13 (金)

82年発表の日本ROCK史上に残る傑作!その構造上から日本語でのROCKは実質的には有り得ないとされていた時代にここまでカッコ良く日本語をBEATに乗せた功績は大きいです。SPRINGSTEENに影響を受けたとされる、都会で暮らす若者の苦悩を描いたセンチメンタルな歌詞は学校では決して教えてくれない『リアル』で溢れています。時を超えた名曲『Someday』『Down Town Boy』や隠れ名曲の『I'm In Blue』『真夜中に清めて』、沢田研二参加の『Vanity Factory』、ROCKがKIDS MUSICを超えて行き着く先の未来を託した名曲『Rock&Roll Night』など何度打ちのめされても『真実』を求め『信じる心』を忘れない彼のイノセントが詰まった名盤!マ

キース さん | 大阪 | 不明

3

佐野元春に関連するトピックス

おすすめの商品