不思議可愛いダンゴウオ

佐藤長明

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309272405
ISBN 10 : 4309272401
フォーマット
出版社
発行年月
2011年03月
日本
追加情報
:
15×21cm,79p

内容詳細

宮城県志津川湾に多く生息するダンゴウオは、ポニョのような愛くるしい顔立ちでダイバーに大人気。そんなダンゴウオに魅せられたダイバーカメラマンが、その魅力と謎を紹介する不思議可愛い写真集。

【著者紹介】
佐藤長明 : 1969年1月31日、宮城県南三陸町(旧志津川町)生まれ。1992年、23歳でスキューバダイビングと出会い翌年から水中写真を始める。南三陸沿岸に生息する稀少種の発見をきっかけに生物層調査に取り組む。8年間の修業の後、2000年にダイビングサービスグラントスカルピンを設立、当代表。現地型ダイビングサービスとして、それまでダイビングポイントとして無名だった宮城の海を国内に広く紹介。2005年には志津川漁協、南三陸町(旧志津川町)と協力して新ダイビングスポットのオープンを実現(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • うしこ@灯れ松明の火(文庫フリークさんに賛同) さん

    北海道や本州の沿岸部に生息する海水魚・ダンゴウオを取り上げた写真集です。ダンゴウオという名前を初めて知ったのですが、妙に愛嬌のあるダンゴウオの表紙写真に惹かれて手に取りました。写真ではアップで映っていますが、実物は成魚でも2センチから8センチほどという爪の先ほどしかない大きさ!その小ささに思わず心を鷲づかみにされました!ただ主な撮影現場となったのは震災前の南三陸町。それだけに写真の一枚一枚がとても貴重なものに思えました。今はどうなっているのでしょうか・・。★★★★

  • 瑪瑙(サードニックス) さん

    ダンゴウオ、可愛らしすぎます!一目惚れです。こんなにも可愛らしくてはかない生き物がいたなんて初めて知りました。わずか1、2年の命との事ですが、その一生はドラマチックです。又、クチバシカジカも好きです。龍のような顔立ち、大好きです。

  • まゆちん さん

    最近ダンゴ見に行けてないなーと思って、つい手が出てしまった。このダンゴは南三陸町にいた子なのね。。。今はどうしてるんだろう?

  • ブラフ さん

    【図書館】そのブサカワでころんとした愛らしいフォルムで一時期流行ってガチャなどにもなったダンゴウオの写真集。幼体で5mm程度、成体でも20mm程度と、海の中で見つけるのはかなり難しそう。ウミウシと一緒で、なんでこんなちっちゃくて可愛らしい生き物が海にはいるんだろうなぁ。ダンゴウオ以外の小さな生き物も幾らか掲載されていて、中でもウミクワガタと言う、海の中で生きるクワガタがいることにびっくり!形も誰が見てもクワガタだとわかる形をしているが、数ミリ程度の極小生物。海で生きてても「昆虫」って言うんだろうか?

  • おーちゃんママ さん

    『だんごうおです』(徳間書店)で、その存在は知っていましたが、詳しく調べていなかった(絵本に書いてあったのに見落としていたのだと思う)ので今回「実物大」の表示にビックリ!こんなに小さい魚だったのですね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品