ブルボン朝 フランス王朝史 3 講談社現代新書

佐藤賢一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065164334
ISBN 10 : 4065164338
フォーマット
出版社
発行年月
2019年06月
日本
追加情報
:
449p;18

内容詳細

3つの王朝中、最も華やかな時代を描く。長い宗教戦争の時代を克服し、ヨーロッパ最強国、そしてヨーロッパ最高の文明国となったブルボン朝フランス王国。個性豊かな王たち―稀代の策士にして稀代の艶福家、王朝の創設者アンリ4世。「正義王」ルイ13世、「踊る太陽王」ルイ14世。「最愛王」ルイ15世。革命により断頭台の露と消えたルイ16世。マントノン夫人、ポンパドール夫人など宮廷を華やかに彩った寵姫たちと、リシュリュー、マザラン、フーケ、コルベールなど政治を司った宰相、大臣たち。そしてヴェルサイユ宮を造ったル・ノートルを始めとする芸術家。さらには、大革命とナポレオンの時代を経て復活したルイ18世、シャルル10世の復古王政から、オルレアン家による7月王政とその終焉まで。「ブルボンの血」による王権の始まりから終わりまで、すべてを描ききった超力作。

目次 : はじめに ブルボン家とは何か/ 第1章 大王アンリ四世(一五八九年〜一六一〇年)/ 第2章 正義王ルイ十三世(一六一〇年〜一六四三年)/ 第3章 太陽王ルイ十四世(一六四三年〜一七一五年)/ 第4章 最愛王ルイ十五世(一七一五年〜一七七四年)/ 第5章 ルイ十六世(一七七四年〜一七九二年)/ 第6章 最後の王たち/ おわりに 国家神格化の物語

【著者紹介】
佐藤賢一 : 1968年山形県鶴岡市生まれ。東北大学大学院文学研究科西洋史学専攻博士課程単位取得満期退学、以降作家活動に専念。1999年『王妃の離婚』(集英社)で第一二一回直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 星落秋風五丈原 さん

    表紙の色がブルボン朝は赤、ヴァロア朝は白、カペー朝は青で横に並べるとフランス国旗のトリコロールになっている。 TVドラマ『クイーン・メアリー』で少しだけ描かれたように、「おみせやさんのむすめ」と呼ばれた『黒王妃』ことカトリーヌ・ド・メディシスは多くの子を産みながら次々と病死。『赤毛のアン』のヒロインを演じていたミーガン・フォローズが『クイーン・メアリー』ではイタリアのボルジア家みたいな策士カトリーヌを演じていたが、実際の彼女も政治家としてなかなかの力業を発揮していた。

  • MUNEKAZ さん

    著者のフランス王朝史もついに完結(表紙を並べるとトリコロールだ!)。ページ数はこれまでで最大で、まさにフランス王朝文化の精華といったところ。変節漢と言われようが自身の決断で凄惨な宗教戦争を終わらせたアンリ4世から、戦争や文化を通してフランスの一体化進めてきた歴代の王の歩み、そして最終的にはそのフランスに飲み込まれたルイ16世まで、逸話やゴシップも織り交ぜながら一気に読ませる。下世話な話も含めてそれぞれの王のキャラ立ちがしっかりしているので、フランス史のはじめの一歩にも良いシリーズだと思う。

  • さとうしん さん

    前半の近世の君主たちは、リシュリュー、マザラン、あるいは文化的パトロンとしてのポンパドール夫人といった人材に恵まれ、君主の資質の割に幸運に恵まれていたような印象を受ける。後半の近代の君主たち、革命発生以来失策を重ね続けたルイ16世、時代錯誤の政治思想しか持ち合わせていなかったルイ18世とシャルル10世の兄弟3人の歩みは、フランスが王を必要としなくなる過程として見ることができる。『百科全書』に関連して出てくる「文化は拒むことができない―それこそはブルボン朝の宿命だった」という言葉が印象的。

  • H2A さん

    前作ヴァロワ朝からかなり間があいての刊行で、とうとうブルボン朝である。系図の込み入った話題に辟易とする。アンリ4世が激しい宗教戦争の只中を生きて、改宗さえ何度も重ねて王の地位に就くまでのところがこの本でいちばんおもしろかった。その後のルイたちの時代は多少知っていたこともあるが、施政そのものよりももっと個人的なところに比重が置かれていたので、その内容そのものはおもしろくても、自分には肩透かしだった。

  • ふぃすか さん

    ルイまみれー。<アンリ4世>暗殺されてなかったらまだまだ長生きしたろう。乱世である。改宗に次ぐ改宗で乗り切ってきた人だからこそナントの勅令を出せたんだろうなという気がする。<ルイ13世>似たもの母子は衝突する。正義王を自任して憚らない御仁。<ルイ14世>絶頂を極めたら後は落ちるだけって感じ。戦争は金も人も食いつぶす。<ルイ15世>百科全書に物申してた人たちはネットなんて見たら卒倒すると思う。<ルイ16世>たまりにたまったツケを払わされた感。進んだ時計の針は戻らない。知らなかった頃にはもう戻れないのだから。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

佐藤賢一

1968年山形県鶴岡市生まれ。東北大学大学院文学研究科西洋史学専攻博士課程単位取得満期退学、以降作家活動に専念。1999年『王妃の離婚』(集英社)で第一二一回直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品