佐藤君と柴田君の逆襲!!

佐藤良明

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309022000
ISBN 10 : 4309022006
フォーマット
出版社
発行年月
2013年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
230p;20

内容詳細

英米文学の名翻訳者・紹介者として知られ、ポップカルチャーにも造詣の深い二人が、同僚時代の東大裏話にはじまり、翻訳論、音楽論、世代論、本をめぐる話など縦横に語り合うジョイント・エッセイ集。

目次 : 1(ザドジバダの逆襲/ My Brother’s Keeper ほか)/ 2(くよくよするなよ/ 人生には二巡目があるから ほか)/ 3(四方田犬彦『ハイスクール1968』/ 伊井直行『さして重要でない一日』 ほか)/ 4(猿の仕事/ リトル・チャロ裏話 ほか)

【著者紹介】
佐藤良明 : 1950年生まれ。東京大学教授職を辞し、現在フリーランスの研究者。専門はアメリカ文化・ポピュラー音楽。NHK英会話教材『リトル・チャロ』の製作も担当

柴田元幸 : 1954年生まれ。東京大学教授。文芸誌「モンキービジネス」の責任編集も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • たー さん

    佐藤君のことは実はよく知らなかったりするのですが、二人とも実に面白い文章を書くなぁ。

  • marco さん

    佐藤君と柴田君の翻訳書やエッセイを読むたびに、敬意を通り越して畏怖の念を抱いてしまう。本や作家を語るときの表現の豊かさと確かさ、そして、語り口の軽やかさ、射程の大きさ、その眼差しの優しさゆえに崇拝してしまうのである。

  • HoneyBEE さん

    紙質がペーパーバックみたい。頭の中のケータイは乙一callingだなあと。各話題のモトとなる音楽や映画、書籍はかろうじていくつか掴めるけれども...な内容。それでもそこから掬い上げられる言葉たちは分かりやすく笑えたり真面目だったり。前回は語学よりだったのが、今回は書評とそれに纏わる知識のエッセイ度が増しているような。

  • Nobody1 さん

    心地よい読後感。お互いがお互いに言及するところが本当に面白い。「かつて日本があからさまな西欧文化中心主義の中にあったころ、文学思想の権威の地位にあった人たちは、多かれ少なかれ、外国の虎の威を借りた狐のようなものでところがあった。佐藤君にしても然り。ベイトソンやピンチョンを『知のジャイアン』として『スネ夫』を演じてきたわけである。ところが、柴田訳のオースターやミルハウザーのまわりには、別の雰囲気が支配している。なによりも『西欧の新感覚に追いつくべき日本語のあがき』みたいなものが感じられない。」

  • Machiko さん

    翻訳家は腹話術人形・・・・?!言い得て妙★レベッカ・ブラウンやオースターが腹話術人形・柴田君を抱えているところを想像してしまった☆ぷぷぷ☆

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

佐藤良明

アメリカ文学者、ポピュラー音楽研究者。1950年山梨県生まれ、群馬県出身。東京大学文学部卒業。同大学院人文科学研究科博士課程中退。東京外国語大学外国語学部助教授、東京大学教養学部教授、放送大学教養学部教授などを歴任。アメリカ文化、ポップカルチャーを起点にした研究を行っている(本データはこの書籍が刊行

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品