異国伝

佐藤哲也

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309015798
ISBN 10 : 4309015794
フォーマット
出版社
発行年月
2003年09月
日本
追加情報
:
236p;20

内容詳細

これは本当に21世紀に生きる日本人作家の小説なのか。寓話・哲学・SFなど“あ”から“ん”までの45の短篇が造り出す不思議な書物宇宙。架空の小国の生成と消滅を語る<知の巨人>佐藤哲也による書下ろし。

【著者紹介】
佐藤哲也 : 1960年生まれ。93年、『イラハイ』で第五回日本ファンタジーノベル大賞を受賞してデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 九鳥 さん

    図書館本。すべての物語が同じ書き出しで始まる、異国に住む異人たちの奇妙な物語集。冒頭が一様な分、最後のオチに力が入っていて、ときどきびっくりするような一文に出会う。声に出して笑う感じでもなく、お腹におかしみが燻ぶる感覚。「海老の虐殺」にじわじわと擽られ、「帝国の逆襲」にしてやられ、「内戦の惨禍」「魔王の機械」の風刺に苦々しく笑い、「老人の偉大」に幻惑された。

  • 三柴ゆよし さん

    処女作『イラハイ』もそれは奇妙な物語だったが、本書もまたそれに劣らず奇妙な物語(集)だったのである。一読、不条理な寓話集かと思うに、実際は然にあらず。諷刺あり、パロディあり、ブラック・ユーモアあり、多種多彩な物語の満載された、なんともおかしな掌編集なのであった。あえていえば、カフカの断章+初期の筒井康隆といった感じか。個人的には、「帝国の逆襲」、「海老の虐殺」あたりがお気に入り。『イラハイ』の無意味さ・バカっぽさが好きな人は是非どうぞ。

  • ふノ字 さん

    一国に付き一編づつ綴られた50話からなる短編集。今回は一気読みしちゃったけど、一作づつゆっくりと味わいたい本でした。

  • いさ さん

    キノの旅大人向けverと言う感じです。「あ」から「ん」までの一文字をタイトルの頭文字に、1話完結の小話が続きます。何故か金融系の豆知識が身に付きます(?)「帝国の逆襲」が素敵すぎたので、6作全部やってほしいです。

  • 黒とかげ さん

    ものすごい小説だった。頭が悪いため、うまく表現できないが、とにかくものすごい小説だった。一つ一つのエピソードはさして面白くないが、全部読み終わった後に、世界の全てを知り得たような気分になった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

佐藤哲也

株式会社オウケイウェイヴ取締役副社長COO。1961年、静岡県生まれ。明治大学を卒業後、株式会社リコーに入社。その後、日本マイクロソフト株式会社を経て、2013年に株式会社オウケイウェイヴに入社。事業部長としてOKBIZ.を中心とした法人向けビジネスを統括。2014年、取締役CMOに就任。2019年

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品