組織自律力 マネジメント像の転換

佐藤剛

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784766413076
ISBN 10 : 4766413075
フォーマット
発行年月
2006年09月
日本
追加情報
:
20cm,231p

内容詳細

一見ばらばらに行動しているようにしか見えない組織のメンバーが、ある時点で共有化された目的を達成するという仕組みは見事というしかない。このような特徴をもつメンバーの行動を本書では「自律的行動」と表現しているが、一つひとつの自律的行動があるまとまりをもつという現象に驚きを覚える。本書は、この感覚を出発点として、組織が実際にはどのように目的を達成しているのかという疑問に答えようとするものである。

目次 : 第1章 組織をめぐるふたつの不確実性にいかに対応するか?/ 第2章 不確実性に対応する新しい方法が必要/ 第3章 組織メンバーの自律的行動の実際/ 第4章 組織における自律的行動の可能性/ 第5章 自律的行動に組織としてのまとまりをどう与えるか?―事例から学ぶ/ 第6章 会話で問題を解決する/ 第7章 組織自律力をつける

【著者紹介】
佐藤剛 : 1984年早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了後、流通政策研究所主任研究員、長野大学産業社会学部産業情報学科教授を経て、2006年よりグロービス経営大学院大学経営研究科教授。専攻は組織行動学。2002年慶應義塾大学大学院経営管理研究科博士課程修了。博士(経営学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 帯長襷 さん

    組織の形は時代によって変わるが、どんな形であれ、やはり中にいる「人」が動かしていることには違いはない。その人材が大切であり、彼らが会社の目標を意識しながら自律的に動く組織は強い。さらには一人ではなく多数での協力が新しい取り組みには不可欠で、コミュニケーションが大事。そのコミュニケーションを支える言語力が大事、という基本だがなかなか実現できない核心のつき方。

  • Asa さん

    2018/07/29 bookoff

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

佐藤剛

1952年岩手県盛岡市生まれ、宮城県仙台市育ち。明治大学卒業後、音楽業界誌『ミュージック・ラボ』の編集と営業に携わる。シンコーミュージックを経て、プロデューサーとして独立。数多くのアーティストの作品やコンサートを手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品