誰が日本を支配するのか!?沖縄と国家統合

佐藤優

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784838721573
ISBN 10 : 4838721579
フォーマット
出版社
発行年月
2010年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
魚住昭 ,  
追加情報
:
19cm,238p

内容詳細

普天間飛行場移設、日米中の三国関係、抑止力…。沖縄に明るい未来は来るか。沖縄問題と日米中関係の謎を読み解く。世界的民衆運動家が唱える「権力を握らずに世界を変える」視点からも沖縄問題を考える。

【著者紹介】
佐藤優 : 1960年1月18日、埼玉県生まれ。同志社大学大学院神学研究科修士課程修了後、外務省入省。分析のエキスパートとして力を発揮し、対ロシア外交の最前線で活躍。「戦後最強の外交官」「外務省のラスプーチン」などの異名をとる。2002年5月、背任容疑で逮捕。東京拘置所に512日間勾留される。逮捕の後も辞職はせず、失職までの執筆時の肩書きは「起訴休職外務事務官」。’05年に発表した『国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて』(新潮社)で第59回毎日出版文化賞特別賞を受賞

魚住昭 : 1951年10月25日、熊本県生まれ。一橋大学法学部卒業。共同通信社社会部で司法記者として東京地検特捜部、リクルート事件などを取材。’96年退社し、フリーのノンフィクション作家に。同年、共同通信社会部のチームで書いた『沈黙のファイル―「瀬島龍三」とは何だったのか』(共同通信社)で日本推理作家協会賞受賞。2004年、『野中広務 差別と権力』(講談社)で講談社ノンフィクション賞受賞。’06年より、佐藤優、宮崎学らとメディア勉強会「フォーラム神保町」を運営(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • りり さん

    ベネディクト・アンダーソンの『想像の共同体』を思い出した。言語を同じくすることの重大性、つまり沖縄には沖縄の言語があるということ。それは当然それに付随する思想もあるということである。沖縄の人々にとっては、自らを語る借りものではない言葉を意識することが非常に重要だと思う。

  • minorU さん

    国家の統一が揺らいでいる。国家主義者でも国権論者でもないから構わないのだが。

  • gdeh さん

    沖縄の琉球時代や戦争時の事を考えると普天間の解決は政権与党は真剣に動かないといけない。 沖縄だけ連合国軍が上陸して戦いが行われ、多数の命が犠牲になった事実があるのに基地一つ政府は県外に移設し負担軽減できないなんて。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

佐藤優

1960年生まれ。作家、元外務省主任分析官。同志社大学神学部卒業。同大大学院神学研究科修了。85年、外務省入省。在ソ連日本大使館勤務。北方領土問題など対ロシア外交で活躍。2002年、背任と偽計業務妨害容疑で逮捕。09年、最高裁上告棄却。13年、執行猶予期間を満了し刑の言い渡しが効力を失う。同志社大学

プロフィール詳細へ

佐藤優に関連するトピックス

  • たった1冊で政治の基礎知識がいっきに身につく 佐藤優が、小学6年の「公民」の教科書を使って、驚くほどやさしく政治の基礎から裏側までを解説する『小学校社会科の教科書... HMV&BOOKS online|2015年11月30日 (月) 13:33
    たった1冊で政治の基礎知識がいっきに身につく
  • 集団的自衛権をめぐる恐るべき戦略 集団的自衛権行使容認の閣議決定で注目された公明党。「押し切られた」との見方が大勢だが、実は、戦争ができないようにする... HMV&BOOKS online|2014年12月01日 (月) 13:32
    集団的自衛権をめぐる恐るべき戦略

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品