魔法科高校の劣等生 30 奪還編 電撃文庫

佐島勤

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784049127386
ISBN 10 : 4049127385
フォーマット
出版社
発行年月
2019年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
340p;15

内容詳細

水波を連れ、日本を脱した九島光宜。パラサイト化したレイモンドと共に、USNA軍基地のある北西ハワイ諸島を目指す。
 一方、九重八雲という意外な伏兵によって追跡を阻止された達也だが、彼は水波のことを諦めてはいなかった。必ず連れ戻す、と深雪と約束したからだ。
 光宜とレイモンドが逃れた先。そこは奇しくも、リーナが救出を願うカノープス少佐が幽閉されたミッドウェー監獄に近い、パールアンドハーミーズ米軍基地。
 パラサイトを滅す新魔法『アストラル・ディスパージョン』を習得した達也が、水波と、そしてカノープス奪還のため、USNA軍基地を隠密裏に強襲する……!!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • よっち さん

    水波を連れUSNA軍基地のある北西ハワイ諸島を目指す光宜。一方、水波のことを諦めない達也はカノープス少佐奪還も要請されてUSNA軍基地を隠密裏に強襲する第三十弾。達也の行動を許容できなくなっていた佐伯少将の焦燥っぷりがあれでしたけど、一方で軍と袂を分かつことになりそうな四葉家や達也陣営は、不遇の人材を着々とスカウトして陣容を厚くしていきそうですね…これは。一条のところも気になりますが、肝心の奪還編は圧倒的な強さで、水波の容態もどうなっているのか気になるところですけど、ここから光宜はどうするんでしょうかね。

  • 銀の星 さん

    読了。今回は話もテンポ良く進み、ここ最近の本作の中では1番面白く満足できました。やはりお兄様の無双を見れると魔法科高校の劣等生を読んでるなぁって気分にさせられます。ただこの内容は「奪還」編でいいのかな?と思わざるを得ません。まぁどうでもいいことではありますが。ここまで引っ張った割に戻ってきた展開が軽いのも気になったかな。まぁお兄様が何かしらの布石を打ってたし光宜が何かしてるのでしょう。今回で勢力図も大きく変化しており、久し振りに次巻が楽しみな展開になりそうで期待しております。

  • むっきゅー さん

    お兄様が米軍相手に無双する、節目の第30巻。ていうか、強すぎでしょう。スカッとするけどね。今巻のポイントは、お兄様と佐伯少将の離別と、メンバーの四葉入りが着々と進んでいくところ。米国との強いパイプもできたし、とどまるところを知らないお兄様。水波救出はひとまず決着を見たようだが、この後の展開がどうなるか、話が随分大きくなったので予想できませんが、楽しみです。

  • 柏バカ一代 さん

    当初、四葉家は敵だったが今は完全に味方になってる。その代わり国防軍が、パラサイト達とそれに汚染されたアメリカ軍、日本の世論が達也に牙を剥くが返り討ち。四葉家も藤林、リーナを所属組織から引き剥がす動きを見せ、そしてインドからは福音が来る。捨てる神がいれば拾う神も居る。ただ達也とうい戦略級魔法師は国という単位では収まる器では無かった。そんな達也が使用人の救出に遂に乗り出し救出するも、相手はその前に退散しているのが不気味。さて、次の巻はどうなるのやら?日本に集まり過ぎた戦略級魔法師への不満は溜まってるはず。

  • Susumu Miki(Dik-dik) さん

    シリーズ開始の頃と比べると、真夜さんのイメージはずいぶんかわってしまいましたね。リーナがチョロいのは登場以来変わらないですけど…。そして七草先輩に、久々の出番あり!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

佐島勤

卒業後、企業に就職。ジュブナイル作家としてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

佐島勤に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品