魔法科高校の劣等生 29|下 追跡編 電撃文庫

佐島勤

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784049125719
ISBN 10 : 4049125714
フォーマット
出版社
発行年月
2019年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
274p;15

内容詳細

 二〇九七年七月。達也は富士樹海に潜伏する光宣を追い、張り巡らされた結界『蹟兵八陣』を破る方法を思案していた。
 一方、USNA軍非合法魔法師暗殺者小隊『イリーガルMAP』が達也の暗殺に動き出す。その魔の手は彼の友人たちにも向けられることに――。
 さらに達也の前に立ち塞がる刺客・藤林長正。希代の忍術使いであり亡霊を操る強敵を前にして、ついに精神体をも消滅させる達也の新魔法『アストラル・ディスパージョン』が放たれる!!
 水波救出のため、猛進する達也。しかし彼の前に次は『あの男』が『最悪の敵』となって立ちはだかる―― !?

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 雅 さん

    無敵の兄貴が苦戦したのはなんか新鮮だった。同級生達の活躍も久々で楽しめた。

  • よっち さん

    富士樹海に潜伏する光宣を追い、張り巡らされた結界『蹟兵八陣』を破る方法を思案する達也。一方、USNA軍非合法魔法師暗殺者小隊『イリーガルMAP』が達也の暗殺に動き出す第二十九弾。米国への脱出に向けて動き出した光宣と追跡する達也、一方で達也暗殺のためにほのかと美月を人質にしようとするイリーガルMAP。エリカやレオたちの活躍も久しぶりに読めましたけど、光宣に関する処遇にはいろいろな思惑も垣間見えて、意外な対決も実現して楽しかったです。舞台を移しての新展開になるのか、最後に出てきた達也の提案も気になりますね。

  • むっきゅー さん

    あまり話が進まなかった。今巻は、USNAの暗殺部隊がほのかと美月を誘拐し、お兄さまを暗殺する計画が進行しつつ、お兄さまの方は相変わらず水波を捜索する展開。次巻はいよいよvs米軍でお兄さまが無双する可能性大。たまにはスカッとする話がみたいな。

  • かんけー さん

    読了♪達也の追跡を阻止しようと?意外な人物が邪魔をする!の追跡編❬下❭の冒頭、国防軍の会話にちょっと脱力感w成る程、一枚岩でないのは理解してたが?達也にとってはいい兆候でないと。まぁ、達也本人の実力を善く理解して要るからこその認識だろうと(^_^;)美月とほのかがイリーガルMAP に狙われた!美月は幹比古とエリカ、レオに依って敵を退けるがほのかが!光宣と水波の互いの想いのスレ違いと勘違いに苦笑(^_^;)そこにまさかねぇ?の八雲師匠のご登場は予想外でw黒羽にしろ、藤林にしろ、達也にいい感情は抱いて無い→

  • 銀の星 さん

    読了。追跡編下巻という事もあり終始達也が光宣を追跡していた印象。3年生編に突入し問題の規模も世界全土を覆うレベルになってきており中々困難な話が多くなってきてますが、最近になってそこに加えて視点移動が多くなってきた気がします。展開の遅さもさることながら非常に読みづらい。そんな細かく時系列を調整してる訳ではないのですから次巻はもう少しでいいので話を纏めてもらいたい所です。今回の読み所は達也の新魔法ととある人物との対決。初期から構想自体はあったらしいのですがここは非常に良かった。次巻は奪還編との事で→

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

佐島勤

卒業後、企業に就職。ジュブナイル作家としてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

佐島勤に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品