紅椿ノ谷 居眠り磐音 17 決定版 文春文庫

佐伯泰英

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167913724
ISBN 10 : 4167913720
フォーマット
出版社
発行年月
2019年10月
日本
追加情報
:
352p;16

内容詳細

江戸・深川の六間堀で浪人暮らしの坂崎磐音は八月十五日の早朝、六間湯の一番客となった。江戸を代表する両替商・今津屋吉右衛門とお佐紀の祝言の日を迎え、花嫁行列の先導という大役を果たすためだ。和やかな祝言から暫くが経ち、磐音は奥向き女中のおこんの異変に気付く。友人医師らに相談した磐音は、ある決意を固め…。

【著者紹介】
佐伯泰英 : 1942年、北九州市生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒。デビュー作『闘牛』をはじめ、滞在経験を活かしてスペインをテーマにした作品を発表。99年、時代小説に転向。2018年、菊池寛賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    再読決定版17巻目です。今回は主人公の活躍の場(剣での)はあまりなく仲人的な動きが中心となっています。主人公と関係ある両替屋の主人の再婚の婚礼の場が中心です。それと神保小路の佐々木道場の再建というところでお金集めに関する話があったりします。また主人公と一緒になる予定の両替屋の奥を仕切っていた女性を温泉保養に連れて行くという話で終わっています。

  • yamatoshiuruhashi さん

    これまでのように政を左右するような大きな事件はない。今津屋の再婚の婚礼、佐々木道場の増築改修、おこんさんの燃え尽き症候群など。そんななかでも磐音の剣は舞い、血しぶきが吹く。

  • あきのぶ さん

    おこんさんと、旅に。そして結ばれる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

佐伯泰英

1942年北九州市生まれ。闘牛カメラマンとして海外で活躍後、主にノンフィクション作品を発表する。’99年初の時代小説「密命」シリーズを手始めに、次々と時代小説を発表。文庫書下ろし作品のみで累計6500万部突破の快挙を成し遂げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

佐伯泰英に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド