げんげ 新・酔いどれ小籐次 10 文春文庫

佐伯泰英

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167910112
ISBN 10 : 416791011X
フォーマット
出版社
発行年月
2018年02月
日本
追加情報
:
352p;16

内容詳細

北町奉行所の年番与力が、小籐次に面会を求めてきた。極秘の依頼があるらしい。その晩遅く、酔った小籐次が嵐のなか望外川荘に帰ろうとするのが目撃される。だが翌朝、小籐次は帰宅しておらず、小舟や蓑などだけが発見された。奉行所の依頼とは何だったのか、そして小籐次は死んでしまったのか!?緊迫の書き下ろし第10弾!

【著者紹介】
佐伯泰英 : 1942年、北九州市生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒。デビュー作『闘牛』をはじめ、滞在経験を活かしてスペインをテーマにした作品を発表。99年、時代小説に転向。「密命」シリーズを皮切りに次々と作品を発表して高い評価を受け、“文庫書き下ろし時代小説”という新たなジャンルを確立する。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • いつでも母さん さん

    今回は読みごたえがあった。(いや、このシリーズは好きです)だって、まさかの小籐次の行方がわからなくなったから・・死す?とは思わなかったけれど。駿太郎の成長は嬉しいが、久慈屋も代替わりの時期が来るし、佐伯先生・・駿太郎の生母の墓参りに行くのをラストにもってくるのかなぁ。なんだかそんな想像をしてしまう10巻目だった。

  • とし さん

    新・酔いどれ小籐次「げんげ」10巻 。伊勢参りから帰ってきてそうそう、北町奉行所からの極秘依頼しかも小籐次死す!今までに無かった展開でしたね、久慈屋の代替わり、駿太郎の成長、望外川荘にシロが加わる。展開が早く面白くあっという間の読み了、まだまだ続けて欲しいですね。

  • ベルるるる さん

    盛り沢山過ぎるくらいの内容。旧主通嘉、高堂用人、そして御鑓拝借の四家の面々。名前だけだったけど懐かしい深川惣名主の染左衛門。おしんに新八・・懐かしいメンバーが揃って登場した感じ。楽しく読了。表紙のれんげ畑の絵が好き。親子三人のお花見のシーンは、私も目の前に美しい一面のれんげ畑が見えた気がした。

  • clearfield さん

    新・小藤次の10巻目、お伊勢参りから帰ってきた小籐次、居ない間に溜まった砥ぎ仕事に忙しい日々を送ります。そんな中今まで全く付き合いがなかった北町奉行所からの要請で強盗犯の探索を手伝うのですが、小籐次が船から落ちて行方不明になると言う奇想天外な方法でした、磐音さんの初期もありましたが御番所の犯人逮捕を手伝うのは本編の筋からはずれるものです。捕物帖は「鎌倉河岸」があるのでなんだかなあ

  • ニッキー さん

    久々に面白かった。 前作に続きのお伊勢詣でから戻って、いきなりトラブルに巻き込まれる。 今度の依頼は、北町奉行所。 敵を欺くには、まず味方よりの定石通り、小藤次が死んだ事にして、敵を誘き出す。 剣戟シーンは、いまいちだったけれど、駿太郎が大活躍。 また、前作を読み返したくなった一冊でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

佐伯泰英

1942年、北九州市生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒。デビュー作『闘牛』以後、スペインをテーマにした作品を発表。99年、初の時代小説『密命』を皮切りに次々と作品を刊行、時代小説の旗手として高い評価を得る。シリーズ累計2000万部を突破した「居眠り磐音 江戸双紙」をはじめ、人気シリーズが多数ある(本

プロフィール詳細へ

佐伯泰英に関連するトピックス

  • 佐伯泰英の新・幕末小説全23巻がセットになって登場 安政の大地震の報に江戸に向かった伊那の若者・藤之助が、天竜川の奔流で鍛えた剣の腕を武器に、横浜、長崎、上海で大暴れする『交代寄合伊那衆異聞 全23巻セット』。「交代寄合」特製読書ルーペつき。 HMV&BOOKS online|2015年09月04日 (金) 09:37

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品