よるのばけもの

住野よる

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784575240078
ISBN 10 : 4575240079
フォーマット
出版社
発行年月
2016年12月
日本
追加情報
:
245p;20

内容詳細

夜になると、僕は化け物になる。化け物になった僕は、夜の学校で、ひとりぼっちの少女と出会う―

(「BOOK」データベースより)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
16
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
すっごい面白いです!絶対読んでほしい!

投稿日:2018/09/03 (月)

すっごい面白いです!絶対読んでほしい!

ももたろ さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
中学生の時に友達から本を借りて読みました...

投稿日:2018/08/29 (水)

中学生の時に友達から本を借りて読みました。 それまでの住野よる先生の作品も読んでいて、でも今までの作品とはまた違う感じがしました。 住野よる先生の作品の中では一番好きな本で、一番心に残っています。 二人の関係がとても面白く、最後に女の子のことがわかった時は胸が苦しくなりました。 いじめについて考えさせられる作品で、今でも何回も読み返しています。 登場人物は学生ですが、大人の方が読んでも面白い本だと思います。

kyo さん | 岡山県 | 不明

0
★
★
★
★
★
知り合いに見せてもらったんですけど面白か...

投稿日:2018/08/29 (水)

知り合いに見せてもらったんですけど面白かったです!

伊野尾わたあめ さん | 北海道 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    住野よるの、3作目です。頁数も少なく、読み易いので一気読みです。本作は、ジュニアハイスクールいじめファンタジーといった感じでしょうか?中学生の感性と大分ジェネレーションギャップがあるせいか解りませんが、3作の中では、一番評価出来ませんでした。今後、著者はどういう作品を書いていくのでしょうか?

  • 遥かなる想い さん

    舞台は夜の学校である。 ばけものの僕が 矢野さつきと過ごす夜休みは 何かに開放されたようで、伸び伸びと 過ごせる時間帯である.. だが 本物語は不気味である.. 対象的に 淡々と進む 学校の昼の陰湿ないじめのの風景が怖い..何が化け物で何が本当は 怖いのかをゆっくり伝えてくれる、お話だった。

  • つるちゃん0719 さん

    住野さんの3冊目の本。作品は、子どもにとって非常に重いテーマが題材、昨今の中学生が主人公の物語を書くと、避けることができない事柄が「いじめ」の問題。今回はその「いじめ」をテーマにして、“よるのばけもの”に変身した主人公あっちーと夜に教室で「夜休み」をしているさつきが交流する夜の教室さつきがクラスの全員からいじめを受けている昼の教室シーンを交互に描くことによって、次第に変化していくあっちーが描かれており、そのあっちーの変化によって色々と「いじめ」についてを改めて考えさせられた作品でした。

  • だんじろー さん

    昼間(生徒)の「俺」と夜間(怪物)の「僕」の使い分けで、作者のセンスが感じられる(普通なら化け物が「俺」と呼びそうだが)。やはり只者ではない。陰湿ないじめが繰り返されても、矢野がなぜニンマリ笑うのか、その意味に気づかされた時、途轍もなく哀しくなった。“暗黙のルール”から逸脱しないよう、毎日神経をすり減らしている主人公の痛みも、嫌というほど伝わってくる。決して大人に期待することなく、常に「はけ口」を求めてやまない残酷な生徒たち。主人公の最後の“勇気”が、一条の光になればいい。

  • 寂しがり屋の狼さん さん

    「難しいことはいい、生き延びなさい。大人になったらちょっとは自由になれる」能登先生の この言葉が胸にささりました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

住野よる

小説家。高校時代より執筆活動を開始。2015年『君の膵臓をたべたい』でデビュー。同作で2016年「本屋大賞」第2位など、数多くの賞を受賞した

プロフィール詳細へ

住野よるに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品