神様の値段 戦力外捜査官 河出文庫

似鳥鶏

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309413532
ISBN 10 : 4309413536
フォーマット
出版社
発行年月
2015年03月
日本
追加情報
:
396p;15

内容詳細

新興宗教団体「宇宙神瞠会」が極秘裏にすすめている“ハルマゲドン”計画。ある日、大学進学のために上京していた妹の未来を訪ねた設楽は、妹が知らぬ間に教団信者になっていたと知り愕然とする。必死の説得も届かず、教団にのめり込む未来。妹を人質にとられた設楽と海月は、最悪の無差別テロを阻止し、未来を救うことができるのか!?

【著者紹介】
似鳥鶏 : 1981年千葉県生まれ。2006年、第16回鮎川哲也賞佳作入選の『理由あって冬に出る』(創元推理文庫)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • hnzwd さん

    シリーズ第二段。似鳥鶏の作品の中でもひときわ主人公のキャラクターと事件内容にギャップがあるシリーズ。今回は信仰宗教団体の無差別テロを止めるために、宗教団体の施設に潜入って。。どんでん返しは少なめなので、ミステリってよりは警察小説??あとがきは相変わらずの熱量でした。作品が重い時ほどあとがきが凄い気がするのは、中和しようとしてるんでしょうか。

  • NADIA さん

    面白かった!! 新興宗教がテーマで少しえげつない場面もあったが、それでも軽快さが勝っていた。公安と警察がいい感じで協力している話って珍しいね。ドラマで放送されていたのか〜。知らなかった。観たかったな(^^) このシリーズも読み続けてみようと思う。

  • のっぱらー さん

    今回はオウムを髣髴とさせるカルト教団の無差別テロがテーマ。いきなり多摩川での川流れシーンでの登場となる千波に唖然とするものの、この子やっぱりすごい。その頭脳と行動力はハンパなし。(実行動はドジっ子ですが。。。)妹を洗脳させられかけた設楽刑事とともに見事な活躍っぷりでした。まだ2冊続編が積んでるので、今後の活躍が楽しみ。

  • 巨峰 さん

    羊の皮を被った狼。そんな印象のこのシリーズ。表紙のイラストで軽く見てはいけません。描写はPOPだけど内容は深刻。今回はオウム真理教事件を思わせる狂信的な新興宗教が相手、その手におちた信者の救われなさ(妹!)までしっかり描いたと思います。イニシェーションとかそこまで書くとか、なかなかしないよねえ。構成もしっかりしていて、前振りで出てきた一般の人たちが活躍しだすクライマックスがうるうるものです。テレビ版の制作の舞台裏をされけ出した脚本鴻上尚史さんの解説というか愚痴がまた面白い!

  • ユメ さん

    今作は設楽刑事の妹がカルト教団に入信してしまうというヘビーな内容。警察も懸命に教団の捜査を進めるが、教団による「ハルマゲドン」すなわち無差別テロが訪れる。卑劣な手段に対抗して罪なき人を守るのは、名もなき真っ当に生きている人たちなのだと知って、緊迫感の中で思わず涙していた。教団の実態は何ともおぞましく、海月警部の可愛いポンコツさ、似鳥さんの十八番の注釈芸とあとがきがなければ、私には読み通せなかったかもしれない。現実に存在する脅威をエンタメ小説に昇華して警鐘を鳴らしてくれた似鳥さんに敬意を表したいと思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

似鳥鶏

1981年千葉県生まれ。2006年、『理由あって冬に出る』で第16回鮎川哲也賞に佳作入選し、デビュー。同作品を含む「市立高校シリーズ」、「楓ヶ丘動物園シリーズ」、ドラマ化された「戦力外捜査官シリーズ」がいずれもロングセラーに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品