そこにいるのに

似鳥鶏

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309027463
ISBN 10 : 4309027466
フォーマット
出版社
発行年月
2018年11月
日本
追加情報
:
221p;19

内容詳細

本格ミステリ界の旗手が挑む初のホラー短編集!怖すぎて面白すぎる、13の怪異の物語!

【著者紹介】
似鳥鶏 : 1981年千葉県生まれ。2006年『理由あって冬に出る』で第十六回鮎川哲也賞に佳作入選し、創元推理文庫でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • いつでも母さん さん

    13話からなる短編集。全てに『クママリ』と言うキャラクターが登場するが、それはこちらの不安を煽るだけだったか。1編だけは救いのある話だったが、あとはざわざわした。見てはダメと言われると却って気になるのは人の性か。写真、PC、ぬいぐるみ等・・気になりだしたら止まらない。昼に読むのを勧められたが、読了直後にガサガサと音が・・家には私一人なのに。気のせい、気のせいだよね。

  • NADIA さん

    怖い。まさか、こんなに怖いとは!! 何もいるはずないのに何かがそこにいる感覚は、誰もが一度くらいは感じ事があると思う。もちろん、ほとんどの場合は気のせいだし、ペットだったり誰かの悪ふざけだったりすることもある。Gの場合はまた別の恐怖だが、とりあえず命に係わるような心配はない(Gの方は覚悟を決めた方が良い状況だが)。とりあえず「入っちゃいけない」と言われているところには入らないようにしよう。似鳥さんの作品なのにあとがきと注釈がなかったのはとても残念。ところで、「クママリ」って一体何だったの??

  • takaC さん

    クママリの謎が解けずモヤモヤ。それは最後の「視えないのにそこにいる」で解明するかと思ったのに中途半端に終わってしまった。アミの会(仮)『怪を編む』でのお題なのかな?そっちは未読なのでわからない。

  • モルク さん

    ホラー短編集である。1話目の「六年前の日記」はアミの会「怪を編む」のなかの「イルカのシール」として既読。見てはいけないものを見たり、やってはいけないことをしたりして起こる怪。いつもの何気ない景色が急に変化する。なぜに、何がなのかわからない。その正体もわからず薄気味悪い。ただ、「帰り道の子供」1話だけはホラーと思わせておいて実はほっこり系。そしてどの話にも出てくる「クママリ」って………………………。

  • うどん さん

    きゃー!すごく怖かった!そして面白かった!!大好物でした😆

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

似鳥鶏

1981年千葉県生まれ。2006年『理由あって冬に出る』で鮎川哲也賞に佳作入選し、作家デビュー。「戦力外捜査官」シリーズがテレビドラマ化され大ヒット(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品