無国籍ヴィーガン食堂「メウノータ」の野菜がおいしい!ベジつまみ

伴奈美

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309284101
ISBN 10 : 4309284108
フォーマット
出版社
発行年月
2013年11月
日本
追加情報
:
76p;26

内容詳細

ベジ・アンチョビオイル、豆乳リコッタチーズ、ヴィーガン・バター、野菜のパテ……等々、メウノータ流の“もと”を覚えれば、旨みもコクもしっかりあってお酒に合うベジ料理が、すぐに完成!

【著者紹介】
伴奈美 : 東京生まれ。東京・高円寺のヴィーガン料理レストラン「メウノータ」店主、ベジタリアンメニューコンサルタント。20代からさまざまなジャンルのレストランやカフェ、パティスリーなどで腕を磨く。10年ほど前に仕事で訪れたニューヨークで、植物性の食材のみでつくる「ヴィーガン料理」出合い、前職のレストランでは、ヴィーガン料理のレシピ開発を多数手がける。2010年に独立し、「メウノータ」をオープン(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヘタレ女王再び さん

    ちょっと 頑張って基本のオイルやソース、バターを作れば アレンジが効きそう。一回高円寺の お店に食べに行ってみようっと! 写真の お惣菜だけではなく 食器なども さり気ないが凄くオシャレだ

  • アズル さん

    再読。面白いなぁ、と思いながらも、やっぱり、「乳なもの」、「動物性なもの」が恋しくなります…。

  • アズル さん

    お野菜で色々作ることが出来るようで、面白かったです。チーズやバターも作るなんて! 

  • たまきら さん

    うちは肉も魚も虫も食べますが、こういうごはんも大好きです。ベジ・アンチョビオイルと酒粕パルミジャーノはつくってみよう!

  • ロバパン さん

    図書館で借りた本です。ヴィーガン料理は少し興味があります。(お医者さんから野菜をとりなさいと言われたのがきっかけでもあるし。)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

伴奈美

東京生まれ。東京・高円寺のヴィーガン料理店「メウノータ」店主、ベジタリアンメニューコンサルタント。さまざまなジャンルのレストランやカフェなどで料理人としての腕を磨き、その間に仕事で訪れたニューヨークでヴィーガン料理と出合う。「誰でも分け隔てなく、おいしく食べられる料理」に魅力を感じ、前職ではヴィーガ

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品