転生したらスライムだった件 14 GCノベルズ

伏瀬

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784896378627
ISBN 10 : 4896378628
フォーマット
発行年月
2019年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
349p;19

内容詳細

魔国連邦に最大級の危機が訪れる

帝国からの侵略をなんなく退けたリムルは、これ以上戦争はごめんだと大本を叩くべく帝都へと乗り込む。
事前の計画は帝国幹部へとのし上がっていたユウキが、国内でクーデターを起こし、皇帝の座を簒奪するてはずとなっていた。だがリムルは思い知らされる、先遣軍などとは比較にならない、帝国の真の戦力たちの実力を……。

【著者紹介】
伏瀬 : サラリーマン。『小説家になろう』で連載を開始し、今に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ソラ さん

    ファンタジー系ラノベでは、悪をバッタバッタと薙ぎ倒す、俺TUEEE系が好きなのだが、本シリーズはスキル無双だけではなく、小さな村から出発した魔物達の国が、徐々に発展して行くのが楽しく、付加価値の高い製品や、コンテンツ等、経済で世界を席巻しようとするスタンスが面白い。ただ、ここ数巻は、次々と自分の配下達が強くなっていき、主人公たるリムルの存在感が、ちょっと薄味なのが気になっていた。有能過ぎる部下が揃っているのは、頼もしくもあるんだけど。と、思っていたら急転直下。何故ここで終わるかなあ。次巻発売まで耐えられん

  • まりも さん

    皇帝ルドラとヴァルグリンドの策略がリムルを襲うシリーズ第14弾。快勝ムードからの進化祭り、そこから一転して急転直下の大ピンチに立たされたリムル達。最近は誰を相手にしても余裕な感じが溢れ出ていただけに、今回の展開はちょっとした衝撃だった。緩急のつけ方が見事。いやはやこの状態で続きを待たなくてはいけないとか、15巻が待ち遠しすぎて仕方がありません。web版とだいぶ変わってきたからどうなるか全く分からないんだよな。底知れぬ力を持つ帝国を相手に怒れるリムル達はどう戦うのか。次巻はやく。

  • ソラ さん

    あと半年待ってもよかったから帝国との戦争が完結するところまでしてほしかったなぁ

  • すがやん さん

    説明や会議が長過ぎて、冗長とるか、webより厚みが出たととるべきか。後半は一気に戦いが佳境に!と思ったら「続く」だと…私の好きな場面、リムル怒りのヴェルドラ奪還は次回へ。チョロかったヴェルグリンドも強くなってるし、ユウキの扱いも違うし、webとかなり違うのは書籍の買いがいがあるな。

  • 柏バカ一代 さん

    ドンデン返しだ‥

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

伏瀬

サラリーマン。『小説家になろう』で連載を開始し、今に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

伏瀬に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品