振り返り手帳術

伊藤精哉

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784787718167
ISBN 10 : 4787718169
フォーマット
出版社
発行年月
2018年10月
日本
追加情報
:
205p;19

内容詳細

「マイニュース」を書けば目標達成できる!その日あったことを思い起こし、前向きな表現で1行手帳に書いて見返すだけで、未来が“劇的”に変わる。シンプルで、楽しく、長く続けられる!

目次 : 第1章 「振り返り手帳術」とは何か?(手帳は単なるスケジュール帳ではない/ 目標達成のカギは振り返りにあり ほか)/ 第2章 自分の1日に見出しを付ける(過去を未来に生かすマイニュース/ マイニュースの選び方 ほか)/ 第3章 目標を設定し、手帳で振り返る(未来を変える振り返り力/ 人生ビジョンを描く方法 ほか)/ 第4章 手帳は行動の司令塔(手帳活用実践編)(記録の振り返りで現在地を確認/ スケジュール管理には俯瞰力 ほか)/ 第5章 マイベスト手帳への道(思わず見返したくなるカスタマイズとは?/ 起動時間速めるインデックス ほか)

【著者紹介】
伊藤精哉 : ジャーナリスト。1963年生まれ。名古屋市出身。1987年、同志社大学卒業後、時事通信社入社。主に経済記者として報道の第一線に一貫して携わってきた。現在は編集局ニュースセンター整理部長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • あきか さん

    手帳って予定やToDoなど未来のことのみになりがちですが、振り返りも大事なんじゃないかな、皆さんどうしてるのかな…と思った時に本書を見つけました。2018年10月発行なので、最近の手帳ユーザーの話や時流も載っています。やっぱり自分を分析し未来に活かすがめには振り返りが大事!と腑に落ちた思い。ジャーナリスト視点ならではの1行マイニュースも続けやすそう。現状把握することがまず先決というドラッカーの言葉も紹介されており、自分なりに続けてみようと思えました^^

  • Mari Ishii さん

    すばる

  • Yuichi Miwa さん

    自己啓発レクチャーが詰まった名著でした。何度も読みたい!

  • ねろ さん

    目新しい内容は多くはなかったけど「マイニュース」とゆう形での1行日記の付け方は面白いなと思ったし、目標達成していくには大切な事だと参考になった。

  • uso800 さん

    「あれいつだったっけ?」と思い出せないことが多いから1行日記くらいは書いた方が良いよなぁ

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

伊藤精哉

ジャーナリスト。1963年生まれ。名古屋市出身。1987年、同志社大学卒業後、時事通信社入社。主に経済記者として報道の第一線に一貫して携わってきた。現在は編集局ニュースセンター整理部長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品