色素細胞 基礎から臨床へ

伊藤祥輔

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784766422528
ISBN 10 : 476642252X
フォーマット
発行年月
2015年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
310p;26

内容詳細

色素細胞を研究する各分野について、基礎から高度で最先端の内容までをわかりやすくまとめた。2001年に初版が刊行されてから14年の月日が流れたが、初版の内容を尊重して踏襲しつつも、その間に著しく発展した領域を追加し、日本色素細胞学会の中核メンバーと新進気鋭の色素研究者が、全21章のなかで色素細胞の基礎から臨床までを、豊富な文献とともに解説した。

目次 : 脊椎動物における色素細胞の発生―神経堤からメラノサイトが出現するメカニズム/ メラノサイトの発生過程/ 色素幹細胞/ メラノサイトの増殖・分化に働く外的要因/ メラノソームの形成とケラチノサイトへの輸送/ メラニン生合成を規定する鍵酵素チロシナーゼと関連タンパク質/ ネズミの毛色発現に関与する遺伝子/ 色素細胞の分化を制御する転写因子MITF―多様な構造と機能/ 色素形成にかかわる細胞外シグナルおよび細胞内シグナル経路/ 色素型転換の分子機構―体表の模様はどのようにつくられるか〔ほか〕

【著者紹介】
伊藤祥輔 : 1945年生まれ。1967年大阪大学理学部化学科卒業。1972年名古屋大学大学院理学研究科博士課程修了。1985年藤田保健衛生大学衛生学部(現 医療科学部)教授。2010年より名誉教授として研究活動を継続。専門はメラニンの化学。メラニンに関する総説や原著論文多数

柴原茂樹 : 1950年生まれ。1975年東北大学医学部卒業、1979年東北大学大学院医学研究科博士課程修了。米国国立心肺血液研究所、京都大学医学部、フリードリッヒ・ミーシャ研究所(バーゼル)を経て、1988年より東北大学医学部教授。専門は生体色素(メラニンとヘム)の代謝制御。メラニンとヘムに関する総説や原著論文多数

錦織千佳子 : 1955年生まれ。1980年神戸大学医学部卒業、1988年京都大学大学院医学研究科修了。京都大学助手、講師、助教授を経て、2003年より神戸大学大学院医学研究科教授。専門は皮膚科学。紫外線の生体への影響に関する総説やメラノーマに関する原著論文多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

伊藤祥輔

1945年生まれ。1967年大阪大学理学部化学科卒業。1972年名古屋大学大学院理学研究科博士課程修了。1985年藤田保健衛生大学衛生学部(現 医療科学部)教授。2010年より名誉教授として研究活動を継続。専門はメラニンの化学。メラニンに関する総説や原著論文多数

プロフィール詳細へ

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品