この商品の関連特集

ちゅーちゅーエンジェル スマッシュ文庫

伊東ちはや

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784569679969
ISBN 10 : 456967996X
フォーマット
出版社
発行年月
2013年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
355p;16

内容詳細

ワケあって夜間高校に入学した僕、杉本新樹は、クラスの異様な雰囲気に圧倒されていた。服装も年齢もばらばら。中には四十代とおぼしき中年男性も混ざっている。こんなクラスに溶け込めるのだろうか…。激しい不安にさいなまれていると、そこに入ってきた担任教師―通称・現状維持先生―は、生徒以上にツッコミどころ満載の人物だった。そんな中、新樹はとびっきりの美少女がいることに気がついた。佐野ひのせ。赤茶色の髪が特徴的な、スタイル抜群の彼女に、まるでオアシスを見つけた気がしたのもつかの間、ひのせは突然叫んだ。「私と関わると死ぬこととなる!」しかし、彼女の言葉に嘘はなかった。それに気がついたときは、もう…。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ゴローさん さん

    現状維持先生が素晴らしすぎる。出番は少ないですが一番印象に残りました。新樹が女の子になっても全然違和感無かったですねwしかしピプルの扱いが!いままではのほほんと物語が進んでいたのにいきなり悲惨な半殺し状態に突入するとは…でもあのシーンが一番好き。新樹の覚醒verが素晴らしい。中身が男でも新樹なら愛せる。エピローグで神ちゃんからのメッセージに書かれてた「たまごの悪魔」とは保健室で泣いてたあの人と予想。って事は次巻で出番があるのかな!?今からワクワクしてます

  • KUWAGATA さん

    伊東ちはやさんは前作の「妹がゾンビなんですけど!」が個人的に当たり作品だったので、今作も期待して読みました。全体的にはドタバタコメディなんですが、所々ブラックな描写があったり、この独特の世界観は前作からきっちり引き継がれている感じ。ただ、もう少し推敲を重ねて欲しかったというか、未完成品を読んだようなモヤモヤ感も。キャラが前半後半でブレたり、そういうところが散見されたので、そこがやや残念です。とはいえ十分楽しかったので、続きが出たらもちろん読んでいきたい。ピプルが可愛かったので、あの扱いには泣いた(笑)

  • RVII さん

    天界を追い出された天使の主人公が吸血されて呪いで女体化してしまう話。吸血シーンのエロさと日常パートは好みに合ってて好きだが、物語自体は微妙かな。前半のセリフで「〜ぁああああ」とか「〜ぃいいいい」みたいのが多くて、ちょっとね…。あと、途中から登場する下級天使が顔の原型が無くなるぐらいド突き回されるシーンに興奮したのはここだけの秘密。

  • とんぷー さん

    この筆者は結構文体に特徴あるね。吸血鬼に性転換させられた主人公は天使でしたという設定なのですが、正直学校での掛け合いが一番おもしろかったです。これは妹ゾンの頃から変わってない感じ。主人公はこのまま腐女子への道を突き進むのかなとか思ったりすると妄想がはかどる。

  • takave さん

    妹ゾンビの時も思ったけど独特の作風だよな。無駄に脱力させられるというか、話の筋なんてゾンビにでも食わしておけという感じ。あ、何故か女の子に性転換するのは良いと思います。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

伊東ちはや

昭和59年に生。宮崎県高千穂町にて育つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品