本性 角川文庫

伊岡瞬

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041095935
ISBN 10 : 404109593X
フォーマット
出版社
発行年月
2020年10月
日本
追加情報
:
480p;15

内容詳細

この女から、逃げられない。衝撃が二度襲う破滅のサスペンス!


40歳独身の尚之は、お見合いパーティで《サトウミサキ》と出会う。彼女の虜となり逢瀬を重ねる尚之だが、結婚の話が進むにつれてミサキは不審な行動を見せ始める。一方、若手刑事の宮下は、一匹狼のベテラン・安井の相棒として、焼死事件を追っていた。単純な火災事故のはずが、安井だけは裏に潜む事件を確信しており――。関わる者を必ず破滅させる女、その正体とは? 全ての謎が繋がるとき、あなたを再び衝撃が襲う!

【著者紹介】
伊岡瞬 : 1960年東京都生まれ。広告会社勤務を経て、2005年『いつか、虹の向こうへ』で第25回横溝正史ミステリ大賞とテレビ東京賞をW受賞しデビュー。16年『代償』で啓文堂書店文庫大賞を獲得し、同書は50万部を超えるベストセラーとなる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
悪女に関する小説は数多くあるけど、これも...

投稿日:2021/06/21 (月)

悪女に関する小説は数多くあるけど、これも美人な女性が自分を武器に次々に男を騙していくよくある話だと思っていました。しかしこの小説はそれだけではありません。ひとつひとつの出来事が判明した時に驚愕のラストが待っていました。悲しい悪女の話です。

Yuki さん | 神奈川県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • イアン さん

    ★★★★★★★★★☆悪女の本性を圧倒的リーダビリティで描いたクライム・サスペンス。関わった男を虜にし、破滅させる謎の女・ミサキ。時を同じくして河川敷で発見された身元不明の女性遺体。別の焼死事件を追う刑事・安井は、その裏に15年前のある出来事との関連を見出すが…。短編集かと思うほど独立した4つのエピソードが、時系列を前後しつつある一点へ収束していく過程は見事。役場の記述があまりに前時代的すぎて「本当に取材してる?」とは思ったものの、登場人物のクズさ、もどかしさ、理不尽さで読者を惹き込む手腕は伊岡瞬の真骨頂。

  • あきら さん

    始めは分かりやすく掴んで、中盤で?を付けてラストまで持っていく。飽きさせない展開でした。 犯人が誰かというより理由が暴かれていくところ(掘りの深さ浅さはひとまずとして)に重きがおかれているところが個人的には良かった。タイトルがしっくりくる物語でした。

  • のり さん

    「サトウミサキ」とは何者なのか?次々と相手の懐深く忍び込み、幸福の絶頂から社会的地位を著しく落とす稀代の悪女。美人に弱い馬鹿な男達。と思いきや狙いはそんな単純な事ではなかった。バラバラだったピースがハマりきった時の衝撃は大きい。過去の清算はそう容易くない。同情する点もあるが「サトウミサキ」は明晰であり壊れている。

  • えにくす さん

    ★3・5面白かった!40歳未婚独身の尚之は、婚活パーティーでサトウミサキと出逢う。彼女の虜になり、常にディナーフルコース・高級ホテル・豪華なプレゼントで散財。読者はこれは騙されている、結婚詐欺又は財産狙いだと思うだろう。ところが二章以降の新たな展開で単なる悪女では無いと分かり、後半はミサキを追う安井刑事が中心で物語は進む。警察や人間関係、法律関係等丁寧に描かれていて、重厚な大人の雰囲気だ。そして遂に安井刑事が、ミサキとの最終対決へ。果たして事件の隠された真相は?両者の決戦の結末は?続編が有りそうな感じだ。

  • りゅう☆ さん

    女性経験のない40歳中学教員梅田はお見合いパーティでサトウミサキと出会い溺れていく。30歳ファミレスでバイトする小田切もミサキの虜に。認知症の青木繁子を甲斐甲斐しくお世話するミサキ。亡夫の保険金をまだ受け取れてない小谷沙帆里に夫殺しを疑うミサキ。彼女は一体何者?目的は?単なる火災事故に怪しい影が。行方不明の女性の不可解な遺体が発見。事件を追うベテラン刑事安井と若手相棒宮下。各々が持つ本性が醜い。徐々に繋がって明らかになるミサキの復讐。イヤミスだし、始まろうとするラストでモヤッ。だけどやみつきになる面白さ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

伊岡瞬

1960年東京都生まれ。2005年『いつか、虹の向こうへ』で第二十五回横溝正史ミステリ大賞とテレビ東京賞をW受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品