I LOVE YOU

伊坂幸太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784396632519
ISBN 10 : 4396632517
フォーマット
出版社
発行年月
2005年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,324p
20cm,324p

商品説明

伊坂幸太郎・石田衣良・市川拓司・中田永一・中村航・本多孝好による著作集。

祥伝社創立35周年記念特別出版。愛してる、って言葉だけじゃ足りない(オール書下ろし)。

恋愛には物語がある。
初めて異性を意識しはじめたとき、相手とのあいだに微妙な距離感を感じたとき、初恋の同級生との再会を果たしたとき、そして別れを予感したとき…。

さまざまな断片から生まれるストーリーを、現在もっとも注目を集める男性作家たちが紡ぐ、至高の恋愛アンソロジー

内容詳細

恋愛には物語がある。様々な断片から生まれるストーリーを、石田衣良、市川拓司、中村航ら、現在最も注目を集める6人の男性作家たちが紡ぐ。オール書き下ろし、至高の恋愛アンソロジー。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しろいるか さん

    伊坂さん目当てで手に取ったアンソロジー。作者は全員男性作家。複数の読友さんご推薦の『百瀬、こっちを向いて』も収録されている。伊坂さんの『透明ポーラーベア』がやっぱり一番!最後の3行が特に沁み入った。主人公の姉の存在が不在ながらもとても大きい。また、『百瀬、こっちを向いて』の瑞々しさが印象的。構成が秀逸。この作者の他の作品もぜひ読みたい。中村さんの『突き抜けろ』も好きだ。男3人の鍋が楽しい。イマイチだったのが石田さんと市川さん。設定や結末がベタ過ぎだったり台詞まわしが古臭かったりで個人的にダメでした。

  • スケキヨ さん

    全編男性作家発恋愛小説集。石田さんがベタですが好きです。市川さんの「卒業写真」油断してたんで主人公と一緒にあわあわしました。中田さんのスローペースと中村さんの大学生お馬鹿さんぷりが良かった。伊坂さんは始まりに相応しく本多さんは締めに相応しい作品でした。

  • みのゆかパパ@多忙につきちょっとのんびり さん

    6人の男性作家による恋愛短編集。どの作品も甘い恋愛モノといった感じではなかったけれど、誰かを大切に思う気持ちというものがじんわりとわき上がってくるような逸品ぞろい。その後に希望があるような雰囲気で終わっている話が多かったのも好みで、大満足の一冊だった。個人的には、離婚を前にした夫婦が最後の食事で大切な記憶をよみがえらせていく瞬間を描いた本多作品がお気に入り。なかなか言い出せなかった思いを香水に託した妻の心情と、それに夫が気づく最後のシーンには思わずホロリとさせられ、いい雰囲気で一冊を締めくくってくれた。

  • mya* さん

    6人の男性作家による短編集。短篇はちょこっとした時間に、筋もあまり深く考えずに読めるから、気が楽ですね。これは伊坂さんを最初に、そしてラストが本多さんというセレクトが、私としてはありがたかった。素直に言葉が出ないときに思いを伝える手段って、色々あるのですね…。ああ、本多さん、相変わらずしんみり、きゅんとさせる人です、この作風大好き。

  • あつひめ さん

    恋してる???ってどういうのかな・・・という初々しい心がたくさん散りばめられていたアンソロジー。男性作家さんの恋愛アンソロジーって初めて読みましたが、毒々しさが無く甘酸っぱい感じでとっても爽やか。物足りなさもあるかもしれないけど、ドロドロした物語が恋愛とは限らない・・・と改めて教えてくれました。「透明ポーラーベア」「魔法のボタン」「百瀬、こっちを向いて」が印象的。また男性作家さんばかりのものを読んでみたくなりました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

伊坂幸太郎

1971年千葉県生まれ。2000年、『オーデュボンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞し、デビュー。’04年、『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞、「死神の精度」で第57回日本推理作家協会賞短編賞を受賞。’08年、『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞、第21回山本周

プロフィール詳細へ

伊坂幸太郎に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品