AX アックス

伊坂幸太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041059463
ISBN 10 : 4041059461
フォーマット
出版社
発行年月
2017年07月
日本
追加情報
:
312p;20

内容詳細

最強の殺し屋は―恐妻家。「兜」は超一流の殺し屋だが、家では妻に頭が上がらない。一人息子の克巳もあきれるほどだ。兜がこの仕事を辞めたい、と考えはじめたのは、克巳が生まれた頃だった。引退に必要な金を稼ぐため、仕方なく仕事を続けていたある日、爆弾職人を軽々と始末した兜は、意外な人物から襲撃を受ける。こんな物騒な仕事をしていることは、家族はもちろん、知らない。『グラスホッパー』『マリアビートル』に連なる殺し屋シリーズ最新作!書き下ろし2篇を加えた計5篇。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
殺し屋シリーズ第3弾です。主人公は「兜」...

投稿日:2018/05/17 (木)

殺し屋シリーズ第3弾です。主人公は「兜」。 「兜」はダブルワークで殺し屋をしています。「兜」は腕のいい業界では名の知れた殺し屋です。「兜」は家族がいます。「兜」は妻の機嫌を気にする恐妻家です。「兜」は子どもが産まれたあたりからダブルワークの殺し屋を退職したがっています。 殺し屋と言うと異常な毎日を過ごしていると思いますが、兜はただの仕事として殺し屋をしているので、普通の良い夫で良い父です。恐妻家ぶりは極めてマスけど。恐妻家ぶりが楽しいです。なぜそこまで恐妻家なのか?の理由は最後の章でストンと腑に落ちました。兜の宝箱に入ってた一見ガラクタ達も素敵。 兜、君はやれるだけのことはやったよ!上等だよ! きっと屋上からアレしたのは槿なんだろなと想像しました。あってるよね?伊坂さん。

おかき さん | 福岡県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • まるけん さん

    あーーーっ、面白かった。久々の伊坂氏。過去に4ー5作品は彼の作品を読んだことがあるが、中でも1ー2位を争うわ。恐らく、学生時代、結婚後、そして父となった今と、自分の読むタイミングによっても印象が変わるような作品。今回は主人公が『恐妻家』の殺し屋。外では一流の仕事をするが、家では妻の顔色を窺いつつ生活するという。伊坂氏の作品は発想がユニークなんだよなぁ。主人公の『兜』に同情するシーンのテンコ盛りでございました。確かに、家の中には縦横無尽に眼に見えない虎の尾が横たわっていますがなっと。次は社会派『悪い夏』へ。

  • starbro さん

    伊坂幸太郎は、新作をコンスタントに読んでいる作家ですが、殺し屋シリーズは初読です。300P強一気読みしました。恐妻家(実は愛妻家?)のマイホームパパと殺し屋は両立しない気もしますが、ユーモアミステリなので許します。私の恐妻家のイメージは懐かしの『ダメおやじ』https://www.youtube.com/watch?v=4t0GPFBdRwk ですが、著者は恐妻家なのでしょうか?因みに私は恐妻家ではありません(笑)

  • ゆのん さん

    待ちに待った伊坂の新作!長い間待った甲斐があった。グラスホッパー、マリアビートルときて今回のAX。5編から成る連作短編で最後の2編は書き下ろし。兜の筋金入りの恐妻ぶりに笑いながら読みラストは泣ける。懐かし殺し屋達の名前も出てきて感激だ。8月はアイネクライネナハトムジーク、9月には10年ぶりの長編ホワイトラビットが予定されていてまさに伊坂イヤーだな。やっぱり伊坂は最高。

  • yu さん

    kindleにて読了。 殺し屋、兜さんのお話。BEEは既読。松田さんの回がダントツに好きだなぁ。折角できた心を通わせられる友達だったのに、あんな別れ方なのは残念だけれども、心の芯にじんわり響くようなこの感覚。読んでて自然と笑顔が滲む文章。殺し屋のお話なのにこの不思議な涌き出る感情が、伊坂作品の醍醐味。それにしても、伊坂作品に登場する女性陣は、色んな意味で強くて弱い。そして、読後はやはり泣いてしまった。「整理整頓が嫌いな神様」、このセリフが印象的。じっくり大事に大切に読んだ一冊。

  • マ・クベ さん

    このストーリーは、ドキドキした!兜の人生は,熱い!しかも、格好いい!たくさん闇に葬られたが、それはそれで満足です!まだ、墐やスズメバチの話も期待してしまいます。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

伊坂幸太郎

1971年千葉県生まれ。2000年、『オーデュボンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞し、デビュー。’04年、『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞、「死神の精度」で第57回日本推理作家協会賞短編賞を受賞。’08年、『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞、第21回山本周

プロフィール詳細へ

伊坂幸太郎に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品