魔王 講談社文庫

伊坂幸太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062761420
ISBN 10 : 4062761424
フォーマット
出版社
発行年月
2008年09月
日本
追加情報
:
15cm,369p

商品説明

会社員の安藤は弟の潤也と二人で暮らしていた。自分が念じれば、それを相手が必ず口に出すことに偶然気がついた安藤は、その能力を携えて、一人の男に近づいていった。五年後の潤也の姿を描いた「呼吸」とともに綴られる、何気ない日常生活に流されることの危うさ。新たなる小説の可能性を追求した物語。

内容詳細

会社員の安藤は弟の潤也と二人で暮らしていた。自分が念じれば、それを相手が必ず口に出すことに偶然気がついた安藤は、その能力を携えて、一人の男に近づいていった。五年後の潤也の姿を描いた「呼吸」とともに綴られる、何気ない日常生活に流されることの危うさ。新たなる小説の可能性を追求した物語。

【著者紹介】
伊坂幸太郎 : 1971年千葉県生まれ。’95年東北大学法学部卒業。2000年『オーデュボンの祈り』で、第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。’04年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞、「死神の精度」で第57回日本推理作家協会賞短編部門、’08年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
この後の話が「モダンタイムス」で描かれる...

投稿日:2012/01/27 (金)

この後の話が「モダンタイムス」で描かれるわけですが、「ゴールデンスランバー」もここの世界観とつながってます。個人的には能力が発動したお兄ちゃんの暗躍?が見たかったです。

Zoe さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
 群集心理の怖さが描かれている。

投稿日:2010/08/11 (水)

 群集心理の怖さが描かれている。

fumi さん | 神奈川県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 青葉麒麟 さん

    物凄く久しぶりに伊坂作品を読んで、何だかじわじわ来る不穏な雰囲気に吃驚(゜ロ゜)主人公【安藤】の切羽詰まった気持ちに此方迄侵食されそうになった。

  • ヴェネツィア さん

    途中で視点が代わる手法は意外だったが、結果的には成功しているようだ。作家本人は「文庫あとがき」で、「ファシズムや憲法、国民投票」などがテーマではないと語っているが、そこにはやはり国民とりわけ若者世代の政治に対する向かい方への懐疑(あるいは憂慮)があり、あえて魔王(私はやはり犬養のことだと考えているが)を登場させることで、ゆさぶりをかけてみたのではないだろうか。ただし作家本人はそれに責任を負えるような覚悟はなく、後半では潤也に委ねることになってしまった。そのもどかしさにこそ本書が書かれる所以があったのだ。

  • とも さん

    伊坂さんは間違いなく大好きな作家さんの一人やねんけど、今回の魔王は少し今まで読んだ伊坂作品とは毛色が違うかった様に思うな。流石の伊坂色は残しつつも、もう一歩踏み込んだ考え方が書かれていた様に感じます。「水に流されないで、立ち尽くす一本の木になりたい」「考えろ、考えろマクガイバー」兄弟の言葉から個を持つ重要性が伝わった。死神の精度の千葉さんが出てたのもニヤリポイントでした。次はモダンタイムス!

  • まひはる さん

    ちょうどいいタイミングで読んだ。 犬養首相が「日本維新の会」橋下市長と少し被る。変えることの覚悟を一人一人が持たなきゃダメ。自分の考えを持たなきゃいけないな、と感じた。

  • ehirano1 さん

    「魔王」といえば私の中ではシューベルトの魔王となぜか織田信長がイメージされます(失笑?)。本作では信長的な魔王は誰なのか?誰であったのか?というよりも寧ろ終始漂う不穏な緊張感という雰囲気こそがはシューベルトの魔王そのものだったように感じました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

伊坂幸太郎

1971年千葉県生まれ。東北大学法学部卒業。2000年『オーデュボンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。04年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞を、「死神の精度」で第57回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞。08年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞

プロフィール詳細へ

伊坂幸太郎に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド