陽気なギャングの日常と襲撃 祥伝社文庫

伊坂幸太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784396335212
ISBN 10 : 4396335210
フォーマット
出版社
発行年月
2009年09月
日本
追加情報
:
16cm,436p

商品説明

伊坂幸太郎ブームは彼らが作った――
史上最強の天才強盗
あの4人組が帰って来た!
4つの奇妙な事件と銀行襲撃の裏に……

嘘を見抜く名人は刃物男騒動に、演説の達人は「幻の女」探し、精確な体内時計を持つ女は謎の招待券の真意を追う。そして天才スリは殴打される中年男に遭遇――天才強盗4人組が巻き込まれた4つの奇妙な事件。しかも、華麗な銀行襲撃の裏に「社長令嬢誘拐」がなぜか連鎖する。知的で小粋(こいき)で贅沢(ぜいたく)な軽快サスペンス! 文庫化記念ボーナス短編付き!

内容詳細

嘘を見抜く名人は刃物男騒動に、演説の達人は「幻の女」探し、精確な体内時計を持つ女は謎の招待券の真意を追う。そして天才スリは殴打される中年男に遭遇―天才強盗四人組が巻き込まれた四つの奇妙な事件。しかも、華麗な銀行襲撃の裏に「社長令嬢誘拐」がなぜか連鎖する。知的で小粋で贅沢な軽快サスペンス!文庫化記念ボーナス短編付き。

【著者紹介】
伊坂幸太郎 : 1971年、千葉県生まれ。2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞を受賞してデビュー。吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞、本屋大賞、山本周五郎賞を受賞し、いま最も幅広い読者の支持を得る作家の一人である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
 「陽気なギャングの日常と襲撃」を買うな...

投稿日:2010/08/11 (水)

 「陽気なギャングの日常と襲撃」を買うなら、断然「文庫」の方。  なぜならボーナス短編付き。これは映画「陽気なギャングが地球を回す」公式ガイドブックに掲載された短編を読むことが出来てお得。  内容も「陽気なギャングが地球を回す」が好きな人なら好きであると思う。物語の展開がチルドレンのような「短編集のふりをした長編」という感じになっている。

fumi さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
おもしろいです。「陽気なギャングは地球を...

投稿日:2009/12/08 (火)

おもしろいです。「陽気なギャングは地球を回す」ファンであれば。「陽気な〜」を読んだことがない方からすると星3つぐらいかと思いますが、ファンにはたまらない。笑 キャラクターに愛着もあるし、頭の中でイメージができているので、登場人物が会話しているだけで楽しいです。でも、やっぱり「地球を回す」のほうがお勧めです。 この表紙、ちょっと恥ずかしいですけど…。少し大きいサイズなので、文庫本サイズのブックカバーでは収まらないかもしれません。念のため…。

ぺんたん さん | 兵庫県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • まひはる さん

    ユーモラスな強盗団4人組のミステリー第2弾。 4人の会話に巻き込まれ、スルスルと読み終わりました。

  • またおやぢ さん

    決して"日常"とは言えないエピソードの数々。しかし、この四人組に起きた日々の出来事と言われるとさもありなんと思えるから不思議。流れる様に物語が組み上がっていく展開の巧みさに、今回も一気に読了。

  • absinthe さん

    器用な作家だなぁ。痛快なコメディ。全体を一度に明かさず、少しずつネタを見せる手法も、人物を動かす手法も、マジシャンのような手際。実は短編として書き始めたのは後で知った。登場人物はみんな頭がいいな。頭が悪い人に頭がいい人はかけない。著者もきっと頭がいいのだろう。それがよく伝わってくる。文章は完成しているが感性は若いまま、大学生のノリのまま書いたかのよう。

  • ダイ@2019.11.2〜一時休止 さん

    陽気なギャングその2。ギャング部分はおまけ程度だったけど面白かった。中でも文庫のおまけ短編が良かった。

  • hiro さん

    『Story Seller』を除いて、伊坂作品を初めて読んだのが『PK』だったが、期待したほどではなかったという私の感想に対して、皆さんから読みやすい伊坂作品をコメントで紹介してもらい、その後一ヶ月半の間に、この本を含め小説3冊、エッセイ1冊を読み、映画を2本観た。この作品も前作を読んでいたので、安心してギャング達の行動と彼らの会話を楽しむことができ、伊坂作品の良さがわかってきて、やっと伊坂ワールドの端っこにたどり着けた感じがする。これからは、伊坂作品のリンクが楽しめるようにいろいろな作品を読みたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

伊坂幸太郎

1971年千葉県生まれ。東北大学法学部卒業。2000年『オーデュボンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。04年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞を、「死神の精度」で第57回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞。08年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞

プロフィール詳細へ

伊坂幸太郎に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト