陽気なギャングが地球を回す 祥伝社文庫

伊坂幸太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784396332686
ISBN 10 : 4396332688
フォーマット
出版社
発行年月
2006年02月
日本
追加情報
:
16cm,394p

内容詳細

嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女。この四人の天才たちは百発百中の銀行強盗だった…はずが、思わぬ誤算が。せっかくの「売上」を、逃走中に、あろうことか同じく逃走中の現金輸送車襲撃犯に横取りされたのだ!奪還に動くや、仲間の息子に不穏な影が迫り、そして死体も出現。映画化で話題のハイテンポな都会派サスペンス。

【著者紹介】
伊坂幸太郎 : 1971年、千葉県生まれ。2000年『オーデュポンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞を受賞してデビュー。以後、吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞を受賞し、直木賞候補にも連続してノミネート、各種ランキングの常連で、いま最も目の離せない作家の一人である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
アヒルと鴨と言い、この作品といい伊坂のこ...

投稿日:2012/02/12 (日)

アヒルと鴨と言い、この作品といい伊坂のこの世界観は大好き!童心に返るワクワク感がある

トリスタ さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
疾走感があり、笑えて楽しめる作品です☆ち...

投稿日:2012/02/08 (水)

疾走感があり、笑えて楽しめる作品です☆ちょっとうまくいきすぎってな所もありますが、それを言い出すと「正確な体内時計をもった女」とかいう設定が元々あり得ないですからね。こういう気軽にさくさく読めるエンタテイメント性の高い作品、割と好きです。

peko-rock さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
 登場人物が個性的で非常に面白い。

投稿日:2010/08/11 (水)

 登場人物が個性的で非常に面白い。

fumi さん | 神奈川県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • HIRO1970 さん

    ⭐️⭐️⭐️伊坂さん5作品目。初期の作品だからか、かなりドタバタ感はありましたが、何とか最後まで繋がってました。今まで読んだ中では平凡な出来映えな方かも知れません。次に期待します。

  • とも さん

    非常に評判の良い「陽気なギャングが地球回す」ようやく読めた。確かに!評判の良いのも納得。スピード感もあり、伊坂節も満載、昭和風に言えばハラハラ、ワクワク。 伊坂ブームの先駆けとら言われるのもよく分かる。 安直で単純明快な感想やけど最高に面白かった♬ 響野が少し「砂漠」に出てくる西嶋とダブったのは自分だけか。 安心、安定の伊坂さんオススメの一冊に間違いなし。

  • ちょこまーぶる さん

    面白い銀行強盗の仲間たちでした。こんなにお気楽に強盗されたんじゃ銀行もたまったもんじゃありませんよね。強盗の際の時間稼ぎ?の講釈をするなんて思ってもみない発想でした。しかも、それぞれのキャラ設定が際立っていてグイグイと没頭させる内容でした。そして、最期の騙し合いを読んでいて、思わず小さな声でですが「エッ!!」と声をあげてしまうほどの楽しさでした。本のタイトルのようにこんなギャングが地球を回す日がくるのだろうかと思うとウキウキしてくるので、いつかもう一冊のギャング作も読んでみたくなった一冊でした。

  • 青葉麒麟 さん

    何時もの伊坂作品に比べて本当にテンポが早い。ちょっと早すぎてずっと読んでると疲れちゃう。でも展開も早くて登場人物達も魅力的なのでプラマイゼロかな?口が達者な響野が一番好きです。

  • まひはる さん

    4人の銀行強盗が主人公の物語。強烈な個性とスキルを持った4人が、面白おかしく銀行強盗を成功させていく。これを読んでると、悪事を働いても日常生活を堂々と送れる度胸があれば、銀行強盗は成功するんじゃないかっていう気がしちゃいます。まぁ、実際にはありえない展開ではありますが…

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

伊坂幸太郎

1971年千葉県生まれ。東北大学法学部卒業。2000年『オーデュボンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。04年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞を、「死神の精度」で第57回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞。08年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞

プロフィール詳細へ

伊坂幸太郎に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド